注目キーワード
  1. 転職
  2. 20代
  3. 体験談

【教員辞めたい初任者へ】対処法と検討事項を元教員が解説

近年教員を初任者(1年目)で辞める人が非常に多くなっています。

教員はブラック」と言われ続けていますが、実際に働いてみて教員の異常な働き方を実感する人が多いのでしょう。

私も教員から民間企業に転職し「5時」つまりまだ明るいうちに帰った時には「日があるうちに帰るなんて落ち着かないな」と感じたものでした。

 
仕事の感覚がおかしくなってたんだね…。

この記事は

  • 初任者(1年目)だけど退職を考えている
  • 教師を辞める時の注意事項は?
  • 先生を続けるかどうか見分けるポイントを知りたい

という方向けに、元教員である私が作成しました。この記事がみなさんのお役に立てば幸いです。

自己紹介

さわにい」と申します。

元中学校理科の教員です。公立中学校で11年勤務しました。

激務により精神疾患となり退職後、IT企業に転職。

現在はフリーランスとして活動をしています。

2022年10月には、中学理科の学習参考書も出版しました。

それでは解説を始めます。

 
よろしくお願いします!

【結論】教員を辞めたいなら他の仕事と比較してみよう

まずこの記事の結論をお伝えします。それは「教師を辞めるか迷うなら、他の仕事と比較してみる」ということです。

おそらくほとんどの方が、教員を辞めても何らかの仕事をしなければならないでしょう。

つまり、教員を続けるか、他の仕事をするか。の2択を迫られるわけです。

 
それはそうだね。

この2択を迫られた時に、頭の中だけで「辞めるかどうか」を考えていてもなかなか結論がでません。

教員と比較する仕事の目安がないためです。

反対に言うと

「教員」という仕事の比較対象があると、続けるかどうかの判断が容易になります。

ここでのポイントは

× 教員の退職を決意 → 転職先を探す

のではなく

○ 転職先を探す → 教員の転職を決意

という順番にすることです。

そして、教員よりも魅力的な仕事が無ければ教員を続ければよいのです。

このような順序を踏むことで、ノーリスクで教員を辞めるべきか、続けるべきかを決めることができます。

他の仕事と比べた上で「教員を続けよう」と思えれば、毎日の仕事にも前向きに取り組めるはずです。

 
他の仕事と比較するのは「辞める」「続ける」どちらにもプラスなんだね!

そうですね。特に2023年はコロナ終息の期待感から、求人数が非常に多くなり、転職の大チャンスとなっています。

求人倍率2022年11月

この機会に求人を探してみることをおすすめします。

求人を探すにはdoda がオススメです。dodaは

  • 求人数が日本最大級
  • 教員の転職専用カテゴリーあり
  • サポート期間が無期限

など、業界最大規模でありながら教員からの転職に非常に強いです。

教員からの転職を考えるならdoda一択といっても良いでしょう。まずはdodaに登録してみて、転職のプロと相談をしてみるとよいでしょう。

登録は無料で3分

教員と他の仕事を比較した上で続けるか辞めるかを決める

これがノーリスクハイリターンな方法なのです。

 
教員一年目の転職は第二新卒扱いとなり、非常に有利だよ!

これがこの記事の結論となります。

教員からの転職は勇気がいるかもしれません。ですが、教員よりもブラックな仕事はほぼありません。笑

気軽に転職活動を始めてみましょう。

最後に、私が教員からの転職者100名にとったアンケートも載せておきます。

転職に対する恐怖心
後悔はあるか

参考にしてください。

初任者・新卒教員が辞めたくなる4つの理由

続いては、初任者・新卒教員が辞めたくなる4つの理由を紹介させていただきます。

主な理由は次の通り。

  • 勤務時間が長すぎる
  • 学級経営や授業がうまくいかない
  • 保護者との関係がキツすぎる
  • 同僚の先生との関係が嫌

です。それぞれ詳しく解説していきます。

勤務時間が長すぎる

まずは「勤務時間が長すぎる問題」です。以下はベネッセが行った調査の結果です。

教員が学校にいる時間の平均は12時間程度となっています。

文部科学省の条例では教員の勤務時間は7時間45分と定められていますが、理想と現実の差が大きすぎます。

さらに教員は昼休みが無い。土日の部活動。持ち帰りの仕事をする人も多い。

など問題が山積みです。私が民間に転職をしたときは、昼休みに寝ても散歩をしてもよいことにとても驚きました。

 
教員なら当たり前なのにね…。

さらに忘れてはいけないことは、教員は残業代が支払われないことです。

教員の残業は超勤四項目

  • 校外実習その他生徒の実習に関する業務
  • 修学旅行その他学校の行事に関する業務
  • 職員会議に関する業務
  • 非常災害の場合、児童又は生徒の指導に関し緊急の措置を必要とする場合その他やむを得ない場合に必要な業務

を除いて「自主的に残業している」という扱いになるためです。

もちろん時間外手当を支給しない代わりに教職調整額が支払われますが、その額は給与の4%です。

 
ありえない…。

極め付けは文部科学省が教員の働き方改革を行う気があるか全くわからないことです。

部活動の地域移行化も振り出しに戻ってしまいました…。

これでは、教員を1年で辞める方が続出するのも当然と言えるでしょう。

学級経営や授業がうまくいかない

初任者・新卒の教員が辞めたくなる理由の2つ目は「学級経営や授業がうまくいかない」ということです。

教員は研修期間が圧倒的に不足しています。初任者が一人で教室に放り出され、授業をしなければならないことはもちろん、1年目から担任を行うこともザラです。

教員は最低でも1年間は研修の期間が必要だと思います。世間は「子どもを相手にするのは簡単だ」と考えている節がありますが、実際は全くそんなことはありません。

子供騙しが通用しないのが教員の世界の常識です。

とくに学級経営や授業は学校の校風にも大きく左右されます。教育困難校に1年目で配属されてしまった場合は非常に大変な思いをすることがほぼ確定です。

 
さわにいの初任校も、週に何回も警察来てたもんね…。

1年目に学級や授業を丸投げする今の状況が変わらない限り、1年目で辞める教員は後をたたないでしょう…。

保護者との関係がキツすぎる

新卒・初任者が教員を辞めたいと考える理由。3つ目は「保護者との関係がキツすぎる」ということです。

つい最近でも、浜松市の中学校で、ミサンガをめぐる学校と保護者のトラブルが話題になっていました。

 
このような保護者に対応するのは大変だね。

一昔前は「若い初任者を保護者が温かく見守る」という風潮がありましたが、今では初任者はハズレ扱いです。

保護者が先生をそのように見てしまうと、その気持ちは必ず子供にも伝わります。

子供のわがままは許せても、保護者のわがままは関わりたく無い…。

そのように考える先生方は非常に多いです。(というかそれが当たり前です。)

モンスターペアレント」という言葉ができてから10年以上はたっているでしょう。保護者と学校との関係の難しさは改善されるどころか、年々難しさを増すばかりです。

同僚の先生との関係が嫌

新卒・初任の先生が辞めたくなる理由。最後は同僚や上司の先生方との関係がうまくいかないことです。

私は教員生活11年の間、同僚や先輩には常に恵まれて勤務することができました。

ですがTwitterなどを見ると先輩や同僚とうまくいかない人、職員室に行きたくないので家や教室で仕事をする人が多く驚きます。

学校現場は非常に過酷です。一番の味方であるべき教職員間の関係がうまくいかないのであれば、辞めたくなるのも当然でしょう。

以上が、初任者が教員を辞めたくなる主な理由です。こうしてみると、教員は本当に大変な仕事だと痛感させられます。

 

続いては「教員を辞めようかと悩んでいる方がすべきこと」の解説をさせていただきます。

教員を辞めようか悩んでいる方がすべきこと

教員を辞めようかと悩んでいる方がすべきことは次の3つです。

  • 教師が嫌なのか職場が嫌なのかを見極める
  • 必要があれば病気休暇をとる
  • 他の仕事と教員の比較をする

詳しく解説していきます。

教師が嫌なのか職場が嫌なのかを見極める

まず大切なのは、教師が嫌なのか職場が嫌なのかを見極める。ということです。

教員になるのは簡単ではありません。大学を出て免許を習得し、採用試験に合格をしなければなりません。

 

教員という仕事に、子供の頃から憧れていた人も多いでしょう。なのでまずは、「教員が嫌」なのか「職場」が嫌なのかを見極める必要があります。

つまり、別の学校・地域・都道府県に移れば今の悩みが改善される可能性があるかを考えてみるのです。

教員は好きだけど、あの保護者がどうしても無理…!

などの場合は、辞めずに何とかねばる、他の先生に相談し集団で対応する。などの方法があります。

一方で、今みなさんが抱えている悩みは教員を辞めない限り改善されそうにない!という場合は、転職を検討する必要があるでしょう。

教員を辞めたい理由は千差万別です。まずは自分が辞めたい理由を見つめ直してみましょう。

必要があれば病気休暇をとる

教員を辞める・辞めないの決断が簡単にはできない人も多いでしょう。

それどころか、毎日が大変すぎて何も考える余裕が無くなってしまう方もいるはずです。

そのような方におすすめしたいのが「病気休暇」です。病気休暇をとれることは、教員の非常に大きなメリットです。

病気休暇の基本的な知識は以下の通り。

  • 初任者でもとれる
  • ケガや病気で勤務できない時に取ることができる。
  • 教育委員会に申請する書類1枚と病院の診断書1枚必要になる。
  • 基本は最大90日取れる。
  • 給料は満額(100%)支給される。

(自治体によって多少違います)

 
病気休暇は教員が使える権利だからぜひ利用してみてね!

私も病気休暇経験者ですが、動悸・呼吸・睡眠・食欲などに異変を感じている場合はすでに赤信号だと考えてください。

私のように体を壊すとマジで転職どころではなくなりますので、是非検討をしてみてください。

 

また、ひどく疲弊してしまった方は、90日の休暇では足りないことも多いです、その場合は病気休職をとることができます。

病気休職の基本的な知識は以下の通り。

  • 2箇所の病院から診断書をもらう
  • 給料は100%→80%になる
  • 休職は最大3年間とることができる
  • もらえる給与は次第に下がる

(自治体によって多少異なります。)

 
必要なら制度を上手く活用しよう!

他の仕事と比較をしてみる

教員を辞めようか悩んでいる人に最もおすすめなのが「他の仕事と比較をしてみる」ということです。

なぜなら、他の仕事と比較をしてみないと、教員の良いところも悪いところも曖昧になりやすいからです。

 
どうやって他の仕事と比較すればいいの?

それは簡単だよ。「転職エージェント」に登録をすればいいんだ。

 
転職エージェント?

転職エージェントは無料で転職のサポートをしてもらえるサービスのこと。

  • 希望にあう企業の調査
  • 面接などの日程調整
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 年収交渉

などを行ってくれます。

転職エージェントは星の数ほどありますが、doda が特におすすめです!dodaは業界最大級の転職エージェントで、公務員からの転職にも力をいれている、とてもおすすめのエージェントになります!

エージェント
完全まとめ
doda
★doda
recruit_agent
リクルート
mynavi-agent
マイナビ
マイナビジョブ20s

マイナビ20
ハタラクティブのロゴ
ハタラクティブ
就職shopのロゴ
就職shop
pasona
パソナ
リクルートダイレクトスカウトのロゴ
リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチのロゴ
ビズリーチ
マイナビITのロゴ
マイナビIT
UZUZのロゴ
UZUZ
JACリクルートメント
JACリクルート
メント
エジュケーションキャリアのロゴ
Education Career
はじめての学童指導員ロゴ
はじめての
学童指導員
教員人材センター
教員人材
センター
公開求人数91,732125,89828,1612,6182,500非公開35,97169,30417,10015,00040011,2041,199不明不明
得意年代全年代全年代20代20代
第二新卒
既卒
第二新卒
既卒
第二新卒
30代30代30代全年代20代30代全年代全年代全年代
得意業種全業種
(教育も強い)
全業種全業種未経験OK全業種未経験ハイクラスハイクラスハイクラスIT理系ハイクラス
外資系
教育教育教育
サポート期間実質無期限3ヶ月実質無期限実質無期限6ヶ月1年間原則6ヶ月不明実質無期限実質無期限不明実質無期限実質無期限不明不明
得意地域全国全国全国東京・大阪・名古屋関東・近畿東京・神奈川・千葉・埼玉・京都・兵庫全国全国全国全国首都圏・名古屋・大阪・福岡全国関東・関西全国関東
総合評価
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(3.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
IT業種なら
(3.5 / 5.0)
理系なら
(3.0 / 5.0)
外資系なら
(4.5 / 5.0)
教育関係
(3.5 / 5.0)
学童関係なら
(3.5 / 5.0)
私立の教員なら
(3.5 / 5.0)
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

登録は無料で3分

まずは希望に合う仕事を紹介してもらい、教員よりも魅力的なものが多ければ転職を検討するとよいでしょう。

反対に、教員よりも魅力的な仕事がないのであれば、教員を続けることを検討するのもよいでしょう。

 

大切なのは、転職を決意してから転職活動をするのではなく、転職活動をしてみてから転職を決意することです。この順番を間違えないようにしましょう。

 
まずは気軽に仕事を探してみよう!

どのような結論になるとしても、先生方の1年後が明るいものになることを祈っています。

絶対に教員を辞めたい方がすべきこと

続いては、絶対に教員を辞めたい方がすべきことについて解説をします。

絶対に教員を辞めたい方がすべきことは次の2つです。

  • 年度末退職かすぐに辞めるかを決める
  • 転職の計画を立てる

それぞれ解説していきます。

年度末退職かすぐに辞めるかを決める

まずは年度末退職をするのかすぐに辞めるのかを決めることです。

年度末退職について

可能であれば年度末退職をおすすめします。

子供や保護者、学校に迷惑もかけずに退職をすることができるからです。

年度末退職をする場合は、基本的に2学期末に管理職に伝えるとよいでしょう。2学期末には面談や、管理職から退職希望者を申し出る通知があるはずです。

基本はそのタイミングがよいでしょう。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事

教員の退職を考えている退職の意向の伝え方を考えている退職をする流れを知りたいそんな方々の力になりたいと思い、このページをつくりました。(情報は2023年最新のもの)自己紹介みなさんこんにちは「[…]

教員を辞めるタイミング

すぐに辞める場合

年度末退職は理想ではありますが、体調やその他の面でどうしても今すぐに辞めたいという場合もあるでしょう。

しかし、教員(公務員)をすぐに辞めるのは基本的には難しいと考えてください。

公務員の退職には任命権者(教育委員会)の同意が必要だからです。

注意

無断欠勤も必ずやめるようにしましょう。無断欠勤を行うと処分の対象になるからです。

ア 正当な理由なく10日以内の間勤務を欠いた職員は、減給又は戒告とする。
イ 正当な理由なく11日以上20日以内の間勤務を欠いた職員は、停職又は減給とする。
ウ 正当な理由なく21日以上の間勤務を欠いた職員は、免職又は停職とする。

人事院「懲戒処分の指針について」

どんなに辛い場合も、まずは有給や病気休暇をとるなどの対応をしましょう。その間に、管理職に気持ちを伝え、退職の手続きを進めるようにしてください。

 
もう学校に関わりたく無い場合はどうしたらいいの…?

その場合は最終手段として「退職代行」を利用するとよいでしょう。

退職代行であれば、お金を払えば、一切学校と連絡をとることなく退職をすることが可能です。

退職代行サービスはたくさんありますが「退職代行サラバ」がおすすめです。

LINEのみで対応可能。しかも24時間対応です。お困りの方はぜひ利用してみてください。

料金も24,000円と安く、教員の退職サポート実績ありと非常におすすめができます。

私も体を壊し退職をしているため、辛さは痛いほどわかりますが、トラブルの無いように退職手続きを進めてください。

転職の計画を立てる

絶対に教員を辞めたい方は「年度末退職かすぐに退職かを決める」ことのほかにもう一つやるべきことがあります。

それは「転職の計画を立てる」ということです。

しかしこの点は難しく考える必要はありません。「転職エージェント」を利用すればOKです。

転職エージェントを利用すれば、無料で自分の希望に合う求人を紹介してもらうことが可能です。

 
どうして転職エージェントは無料なの?

転職が成功した際に、入社した企業からエージェントに報酬が支払われるためです。そのため、転職者は無料で利用することが可能なのです。

一人で転職活動を行うと転職失敗・ブラック企業をつかむリスクが非常に高まります

転職は必ず転職エージェントを利用して行うようにしましょう。

転職エージェントはdoda がイチオシです。

業界最大規模の求人数をもち、全ての年代・職種・地域に対応。さらに教員の転職にも強いというおまけつきです。

転職エージェントを利用する際はdodaを利用するとよいでしょう。

登録は無料で3分

転職エージェントについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をごらんください。

関連記事

教員から転職して、5時に帰宅する普通の生活を手に入れたい…。帰りは9時過ぎ、土日は部活という激務で体を壊した私は、転職により人間らしい生活を手に入れました。現在は毎日5時に仕事が終わり、家族と一緒にご飯を食べる普通の生活です。[…]

転職サイトと転職エージェント

教員を辞めたい初任者が1年目を乗り切る方法

最後に、教員を辞めたい初任者が1年目を乗り切る方法を解説します。

  • 体調に異変がないかを確認する
  • 信頼できる先生に相談をしてみる

の順に解説をしていきます。

体調に異変がないかを確認する

まずは自分の体に異変がないかをよくチェックするようにしましょう。

私は体を壊して働けなくなる2年ほど前から動悸や息切れなどの体調不良を感じていました。病院で検査してもらったこともありました。

もちろん結果は異常なし。私は動悸や息切れがストレスや過労からきているとわからないまま働き続け、体を壊してしまいました。

この記事を見ているみなさんが

  • 動悸
  • 呼吸
  • 睡眠
  • 食事

などに違和感や異変を感じている場合は、すでに赤信号だと考えてください。

そして赤信号の場合は早急に対策をとるようにしてください。

具体的には管理職に相談したり、病院に行ってみるのがよいでしょう。

そして自身の体調を見極めながら、仕事をしていくようにしていただきたいです。

私の経験から断言できますが、一度うつ病などで体調を壊してしまうととても大変です。

「公務員は安定している」と言われることがありますが、それは心身ともに健康な状態が維持できる場合に限ります

一度体を壊してしまうと、リストラなど比較にならないほど大変です。

仮に民間の社員がリストラにあったのなら、また仕事を探せば良いですが、体を壊すとそれすら満足にできないからです。

とにかく自身の体調と相談しながら、1年目を乗り切るようにしてください。

信頼できる先生に相談をしてみる

続いては「信頼できる先生に相談する」ということです。

素直に大変なポイントを伝えましょう。そして、学校としてできる限りの配慮をしてもらうようにしましょう。

  • 授業の補助に入ってもらう
  • 一部の仕事を振らせてもらう
  • 苦手な文章から変えてもらう

など学校としてできることは少なくありません。

教員になる方は真面目な方が多いので「自分一人でやりきらないと!」という思いを強く持つ方が多いです。

その気持ちは尊敬に値するものですが、やはりこの記事を見ている皆さんがつぶれずに1年間仕事をやりきることが最優先です。

いくらでも同僚や先輩の先生方に頼ってほしいと思います。

もちろん

学校の雰囲気によってはなかなか補助が受けられない場合もあるでしょう。

その場合でも、信頼できる先生に話すだけでも少しは気持ちが軽くなるはずです。

ぜひ一度先生方に頼ってみてください。

それもダメなら、辞めてしまっても全然大丈夫です。私なんて30代半ばで辞めたのですから!

まとめ

これで教員を辞めたい初任者に向けての解説記事を終わります。

この記事が参考になり、先生方の1年後が明るく楽しいものになればこれ以上の喜びはありません。

転職を検討している方はdoda をぜひ利用してみてください。思わぬ仕事との出会いがあるかもしれませんよ。

また、教員からのさまざまな転職先に興味がある方はこちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事

毎日5時に帰宅し、自分の時間・家族との時間を過ごす当たり前の生活を手に入れたい…。そのように考える先生方も多いのではないでしょうか?私も2年前までは、毎日9時過ぎに帰宅し、娘は寝顔しか見たことが無いような生活でした。しかし転職後は[…]

 
またねー!