注目キーワード
  1. 転職
  2. 20代
  3. 体験談

【Re就活】は教員からの転職に有用?特徴・口コミ・評判まとめ

この記事では、教員からの転職に「Re就活」の利用を考えている方向けの記事になります。

  • Re就活の特徴
  • Re就活のデメリット
  • 特徴・口コミ・評判
  • Re就活をおすすめできる人

について詳しく解説をしていきます。

Re就活の特徴

20代の転職に特化している

Re就活は20代専門の転職サイトです。

20代専門ながら大きな規模の転職サイトで、登録者数は180万名・累計掲載企業は10,000社以上です。

ポイント

社会人を経験し、もう一度自分自身の仕事や環境を見直したい。

そんなあなたをサポートしてくれる転職サイトです。

私個人の考えですが、初めに就職した会社が、最も自分に合う環境・仕事内容ということは、極めて稀だと思います。

通常は、一度社会人として働くことで、より自分がやりたいことや、得意不得意が見極められるようになっていきます。

Re就活は、そのような20代の方を応援するために作られたサービスです。

Re就活は、職種・業種未経験OKの求人が多数掲載されています。

新たな業種へ挑戦するならうってつけの転職サイトと言えるでしょう。

 
20代に強い!

企業から直接スカウトが届く

Re就活の特徴は20代に強いことだけではありません。

Re就活は自分で求人に応募をするだけでなく、企業側からスカウトを受け取ることも可能なのです。

このスカウト機能により、思いもよらない企業との出会いもあるでしょう。

また、書類選考が免除されるケースもあります。

スカウトを受けやすくするためには、希望の条件や履歴書・職務経歴書を丁寧に記入することがポイントです。

 
たくさんのスカウトをもらおう!

適職診断ができる

Re就活では適職診断テストが可能です。診断テストにより、自分でも気づいていない職業と出会える可能性があります。

転職を成功させるには

  • 自分が重視する環境
  • 自分の得意不得意
  • 自分の興味関心

などを正しく把握することが必要なのは言うまでもないでしょう。

特に自己分析には、客観的な意見が必要です。Re就活の適職診断を有効に活用し、転職成功率をアップさせましょう。

 
適職診断は3分でできるよ!

Re就活のデメリット

続いては、Re就活のデメリットを紹介します。

求人数は少なめ

Re就活のデメリットとして、求人数の少なさが挙げられます。

2021年11月4日時点の掲載求人数は12,683件です。これは、大手転職サイト「リクナビNEXT」の53,000件と比べると少ない数字となっています。

求人数の多さは、転職の成功率に直結します。そういった意味では、リクナビNEXTにも合わせて登録をしておくと、転職の成功率を高めることができるでしょう。

また

求人数が少ないということは、拠点が都市部に集中しているということでもあります。

Re就活の面談可能拠点は

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 京都
  • 福岡

と限られています。基本的にはオンラインや電話での面談が実施されているのですが、拠点をもたない地域の求人には弱くなりやすい傾向があります。

とくに地方在住の方は、大手「リクナビNEXT」にも合わせて登録をするとよいでしょう。

ミスマッチなスカウトが届くことがある

スカウト機能は、Re就活の目玉機能です。しかしその反面、自分の希望とはことなる企業からもスカウトが届くことが多くあります。

興味の無い企業からスカウトが届くことで、かえって転職活動が煩雑になってしまうこともありえますので注意しましょう。

登録する情報を丁寧に記入することで、ミスマッチなスカウトは減らすことが可能です。

登録の際は記入事項にしっかりと希望を記入しましょう。

 
機能はうまく使おう!

30代・ハイクラスの転職には弱い

Re就活は20代に特化した転職サイトです。

反面、30代の転職やハイクラスの転職には弱い転職サイトとなっています。

30代の方はRe就活を利用するメリットはほぼありません。リクナビNEXTなどの転職サイトを利用することをおすすめします。

Re転職の口コミ・評判

最後にRe就活の口コミ評判を紹介します。(みん評さまより)

良い口コミ

新しい業種に転職を考えていて自信がなかったので、適職診断テストも参考になりました。また、転職について知らないことがたくさんあったのですが、応募書類や面接などの応募の際に役立つ知識や会社の制度やマナーについての分かりやすいコラムが掲載されていたので、勉強になりました。検索条件も他のサイトにはない「プライベートの時間も大切にしたい」など自分の希望に沿った条件で検索できたので、スムーズに求人を絞ることができました。

私の希望する製造業や施設管理・整備の求人が多くありました。
ただ、子供がいますので、早朝や深夜の労働が難しいため、条件に合う求人数は減ってしまいました。
それでも、いくつか応募しましたが、そちらでは就職は決まりませんでした。
結局は、サイトのスカウトサービスに登録して、そこから直接スカウトをもらい、その企業に就職。
サイトに登録した私の情報を見て興味を持った企業からのスカウトで就職できたということですから、まさに、この求職サイトのおかげで転職先を見つけられました。
今回このようにお世話になったことにとても感謝しています。

私の地元でre就活の就職・転職イベントがあったので参加しました。
こういうイベントに参加するのは初めてでしたので、何かと心配になり問い合わせもしましたが、丁寧に対応してもらえてそのような心配を払しょくできました。
1日で3社と面談し、結果としてそのうちの1社に就職が決まりました。
この面談の翌月からは働くことができ、失職期間を短く抑えられました。
会社の雰囲気や労働条件も良く、良い転職ができたと思っています。

悪い口コミ

登録後電話で面談していただきましたが、世間話のような感じでメモも取らず適当に話を聞かれました。具体的な求人の紹介もなく、希望の職種や業界を伝えても、あなたには無理、高望みしすぎと言った内容の話をされました。既卒職歴なしなので仕方ないのかもしれませんが、既卒職歴なしでも大丈夫!という謳い文句で広告を出していたから登録したのに…と思ってしまいました。
無理と言われた業界の会社からスカウトが来ているのですが何故ですか?と質問しましたが、ブラック企業からのスカウトだと思いますよと言われ絶句。ブラック企業と認識していながら求人を載せるのは就職支援している企業として如何なものかと。

条件が合わないと断ったのに同じスカウトが何度も来る
スカウトが来て気になるをしたら応募歓迎が更に来たから応募したらすぐに書類で落とす
エージェントもてきとう

結論
使う必要性なし

口コミは利用者や担当者によって大きく変化します。

あくまでも参考程度にしてくださいね!

まとめ

これで、Re就活の特徴・評判・口コミに関する解説を終わります。

まとめると、Re就活は以下のような方におすすめのサービスです。

  • 20代
  • 未経験の職種にチャレンジしたい
  • 都市部に在住している

このような方は、Re就活を利用する価値はあるといえるでしょう。

反対に、30代やハイクラスの転職を希望する方は、リクナビNEXTを利用することをおすすめします。

もっと詳しく転職エージェントについて知りたい方はこちらの記事をご覧くださいね。

関連記事

教員から転職して、5時に帰宅する普通の生活を手に入れたい…。帰りは9時過ぎ、土日は部活という激務で体を壊した私は、転職により人間らしい生活を手に入れました。現在は毎日5時に仕事が終わり、家族と一緒にご飯を食べる普通の生活です。[…]

転職サイトと転職エージェント

この記事が参考になり、先生方の1年後が光り輝くものになることを、心よりお祈りしています。

 
またねー!