注目キーワード
  1. 転職
  2. 20代
  3. 体験談

【教員の転職】リクナビNEXTとはどんな転職サイト?詳しく解説

教員からの転職を考えている先生方、この記事では「リクナビNEXT」という転職サイトについて詳しく解説をしていきます。

  • リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いを知りたい
  • リクナビNEXTの特徴を知りたい
  • 転職サイトを上手く使いたい

と考えている方の参考になれば幸いです。

 
よろしくお願いします!

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い

リクルートエージェントと、リクナビNEXTの最も大きな違いは「転職エージェント」と「転職サイト」の違いです。

 
転職エージェントと転職サイト?

そうです。

  • リクルートエージェント→転職エージェント
  • リクナビNEXT→転職サイト

なのです。リクナビNEXTは転職サイトなんですね。

では、転職エージェントと転職サイトはどのような違いがあるのでしょうか?

一言で伝えると、「担当者が付くか否か」になります。転職エージェントでは、個別に担当者がついてくれて、転職に関する様々なアドバイスや助言をもらえます。

その他、詳しい違いは以下の表のようになります。

このように、転職エージェントと転職サイトは、特徴が全く異なるのです。

重要

転職を成功させるなら、転職エージェントの利用が基本です。

担当者が転職先の企業調査や風土を、詳しく教えてくれるためです。

このサイトでは転職エージェントに「doda」をおすすめしています。

求人数はリクルートエージェントに続いて日本2位ですが、「サポート期間が実質無期限」というリクルートエージェントに無い強みをもちます。

また、dodaは転職エージェントと転職サイトが1つになっているので、とても使いやすいです。

話が脱線してしまいましたが、転職エージェントならdodaがおすすめです。

 
dodaはスマホアプリも超便利!

登録は無料で3分

しかし、最も気軽に転職活動をするなら転職サイトは便利でしょう。

転職サイトには「自分一人で転職活動を進められる」というメリットがあります。

特に学校の先生は忙しので、昼休みや寝る前に求人を簡単に検索できる転職サイトは便利です。

そのような使い方をしたい方には、リクナビNEXTもとてもおすすめができるサービスです。

注意

転職サイトだけで転職活動を完結させるのは、リスクがあります。

基本的には、エージェントを利用し担当者と相談しながら転職活動を行いましょう。

 
ブラック企業をつかむリスクが減るよ!

リクナビNEXTの特徴

リクナビNTXTは、どのような特徴をもつ転職サイトなのでしょうか。

その特徴を詳しくみていきましょう。

リクナビネクストのメリット

公開求人数が非常に多い

リクナビNEXTの最大の特徴は、公開求人数の多さです。その件数は何と53,000件。これは大手転職サイトの中でもかなり多い数字です。

転職サイト名公開求人数
リクナビNEXT約53,000件
doda約119,000件
マイナビ転職約17,000件
イーキャリア約29,000件
Green約27,000件

このように、他者と比較してもかなりの求人数を保有していることがわかります。(私のイチオシはdodaですが)

転職成功のカギを握るのは、出会う求人の数です。多くの求人と出会うことができれば、それだけ転職の成功率は高まります。

リクナビNEXTの求人数は、非常に安心感がある数字だといえるでしょう。

企業からの直接オファーもある

リクナビNEXTの会員になると「オファーを待つ」という機能を使うことができます。

転職サイトは通常

  • 求人検索
  • 企業調査
  • 応募

を全て自分一人で行う必要があります。しかしリクナビNEXTのオファー機能を使えば、企業からの連絡で面接や内定に向かうことができます。

企業側は、求職者のスキルや経歴を見てオファーを行うので、登録する際に記入するレジェメはしっかりと作り込んでおくとよいでしょう。

このオファー機能はリクナビNEXTの目玉機能なので、登録したら利用することをおすすめします。

幅広い求人に対応している

リクナビNEXTは、幅広い求人を扱っていることも魅力の一つです。リクナビNEXT一つで、様々な業種や職種を検索できます。

以下の表に、業種の割合をまとめました。

業種割合
サービス16%
不動産・建設16%
メーカー(素材・医薬品)11%
IT・通信10%
流通・小売9%
メーカー(電気・電子・機械)9%
マスコミ8%
商社(総合・素材・医薬品)5%
専門コンサル5%
商社(電気・電子・機械)3%
金融・保険2%
その他6%

幅広い求人に対応していることがわかると思います。

特に元教員であれば

  • 教育✖️IT
  • 学校✖️営業
  • 子ども✖️事務

など、幅広い求人を探すことで、あなたにあった求人と出会える可能性があがるでしょう。

思わぬ魅力的な仕事と出会う可能性を上げるたことにも、幅広く求人が載っているリクナビNEXTは一役買ってくれるでしょう。

 
万能な転職サイトだね!

リクナビNEXTのデメリット

求人数が多すぎて探しにくい

求人数の多さがリクナビNEXTの大きなメリットではあるのですが、その多さがデメリットになってしまうこともあります。

求人が多くて検索に困る場合は、以下の検索方法を上手く利用するとよいでしょう。

リクナビNEXTには

  • 職種
  • 勤務地
  • フリーワード

を組み合わせて検索をすることができます。さらに詳しい条件で絞ることも可能で

  • 雇用形態
  • 従業員数
  • スキル

などでも細かく絞ることができます。

膨大な求人数をもつ、リクナビNEXTならではのサービスと言えるでしょう。

年収や条件の交渉を自分で行う必要がある

リクナビNEXTを利用した場合、企業との年収や働き方の交渉を全て自分で行う必要があります。

この交渉でつまずくと、転職活動が思うように進まないということがありえます。

このデメリットは、リクナビNEXTに限らず全ての転職サイト共通でいえることです。

もちろん

転職エージェントを利用すれば担当者が年収交渉をしてくれます。

何度も伝えていますが、エージェントを利用したほうが転職の成功率は格段に高いです。

 
ほんとにdodaはすごい!

リクナビNEXTの評判と口コミ

最後に、リクナビNEXTの口コミを紹介します。(みん評より)

リクナビNEXTの良い口コミ

入社一年がたってもどうしても気に入らない上司がいたので、会社を辞める決意をしました。しかし直ぐ勤め先が決まるほど甘くないので、リクナビNEXTで転職先をさがしました。
初めて就職活動したときも、利用したので安心感もありました。登録した数日後ある中堅企業からオファーがあり早速面接に行き、なんと採用が決まりました。とても便利でした。

数ある求人サイトの中でリクナビNEXTを選んだ理由は、業界最大手だからです。業界最大手だからこそ求人数が他のサイトと比較してダントツで多く、毎日求人情報がどんどん更新されていくので、自分の条件に合う求人を見つけやすいと思いました。

あとサイトのシステムも使い勝手がよく、求人数が多くても自分の欲しい情報だけを見つけやすいと感じました。転職は短期集中的に決めたいと思っていて、目標通りに3カ月以内に採用をもらう事が出来たので、利用して良かったです。

登録して損は無いと思います。特に気に入っているところは求人数の多さです。毎週新しい求人が増えるので、探しているうちに自分にぴったりの会社と出会えて、リクナビNEXTから応募した会社に転職しました。
転職した後も退会せずにそのままにしていたらずっとスカウトメールが届き続けてしまったので、転職が決まったらすみやかに退会が必要だったなと反省しています。
また、特にサポートが手厚いわけではないので、自分で転職先を探したい人向けのサイトかなと思います。

リクナビNEXTの悪い口コミ

記入した希望などと関係ない紹介メールばかり一日に何通も来るので、メール停止を都度登録したが止まらず。あまりにもひどいので退会したが、相変わらずメールが止まらない。再度アクセスしてなんとかしようとすると再登録を促すページに行く。電話番号はなくチャットはまともな反応なしで迷惑メールにほとほと困っている。

地方住みですが、全く使えません。
検索すると、全国展開しており地方支店があるようなブラックっぽい企業ばかり引っ掛かります。レジュメ公開ブロックは良い機能だと思いますが、企業名で検索から除外する機能も欲しいです。また県内で絞って探しても県内のエリア毎の検索には対応していない為、とても通えないようなエリアの求人も引っ掛かり、見るだけ時間の無駄です。
あと一つ応募しましたが、企業からの連絡全くなし。企業側へのリマインド機能などはないのでしょうか?

 
口コミは参考程度にしてね!

まとめ

まとめると、リクナビNEXTは次のような方におすすめの転職サイトになります。

  • 一人で転職活動を進めたい
  • とりあえず求人を見たい
  • 企業との交渉も自分でできそう

転職活動の手始めには、とても良い転職サイトだと言えるでしょう・

一方で、本気で転職の成功率を高めたいなら、リクナビNEXTだけでは危険です。

必ず転職エージェント(おすすめはdoda)を利用するようにしましょう。

転職サイトや転職エージェントについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

教員から転職して、5時に帰宅する普通の生活を手に入れたい…。帰りは9時過ぎ、土日は部活という激務で体を壊した私は、転職により人間らしい生活を手に入れました。現在は毎日5時に仕事が終わり、家族と一緒にご飯を食べる普通の生活です。[…]

転職サイトと転職エージェント

先生方が転職に成功し、1年後に光輝く毎日を過ごしておられることを、心よりお祈り申し上げます。

 
またねー!