酸性の水溶液の性質と特徴のまとめ

酸性の水溶液の性質と特徴をわかりやすくまとめます。

このページでは

 

①酸性の水溶液の性質と特徴

②「酸」と「酸性」の違い

③酸性の水溶液と色の変化

・リトマス紙
・BTB溶液

④中学生が覚えるべき酸性の水溶液

についてそれぞれ解説します。

 

このページを読めば分でバッチリだよ!

 


 

みなさんこんにちは!

このサイトを運営する「さわにいといいます。

中学理科教育の専門家です。よろしくです!

 

それでは酸性の水溶液の学習スタート!

 


酸性の水溶液の性質と特徴は次の通り。

 

①青色のリトマス紙を赤色に変える

②BTB溶液を黄色に変える

③鉄・マグネシウム・亜鉛(あえん)
などの金属を加えると水素が発生する

④なめると酸っぱい

 

中学3年生で学習した人は

⑤pHが7よりも小さい

⑥電解質の水溶液である
 (電気を通す液体ということ)

 

 


これらをしっかりと覚えておこう!

レモン汁や酢も酸性なんだね!

 


2.酸と酸性の違い

中学3年生で学習した人は確認しておこう!
1.2年生は飛ばしていいよ!

 

「酸」と「酸性」の違いはわかるかな?

 

同じじゃないの?
似てるけど、同じではないんだよ!
簡単に説明しておくね!

①酸とは

酸とは

①水に溶けると水溶液が酸性になる物質のこと。
②水に溶けると水素イオン(H)を生じる物質のこと。

だよ。

つまり、

「水に溶かす前」

の状態なんだね!

 


②酸性とは

酸性とは

①水の中に水素イオン(H)を含む溶液。

のことだよ。

特徴は

①青色のリトマス紙を赤色に変える
②BTB溶液を黄色に変える
③鉄・マグネシウム・亜鉛(あえん)
などの金属を加えると水素が発生する
④なめると酸っぱい

だったね!

 


 

だけどここで大切なことなことは

酸性は「水に溶けた後」

の状態ということなんだ!

「溶液(液体)」の状態ということだよ!

 

図にすると下のようになるね!

 

酸と酸性の違い

 


③まとめ

もう一度繰り返すね!

酸とは

①水に溶けると水溶液が酸性になる物質。
②水に溶けると水素イオン(H)を生じる物質。

つまり、

「水に溶かす前」


酸性とは

①水の中に水素イオン(H)を含む溶液。

つまり、

「水に溶けた後」

なんだ!

 

しっかりと確認しておこう!

酸と酸性の違い

 

 

これで酸と酸性の違いの解説を終わるよ!

 


3.酸性の水溶液と色の変化

水溶液が

・酸性

・中性

・アルカリ性

のどれかを調べるために

色々な指示薬が使われるよ!

酸性を確かめるために使われる指示薬は主に

①リトマス紙

②BTB溶液

の2つだね!

 

この2つは何性かによって色が変化するんだったよね!

色の変化を下の表にまとめておくね!

 

酸性中性アルカリ性
赤色リトマス紙変化なし変化なし赤→青
青色リトマス紙変化なし変化なし
BTB溶液黄色緑色青色

 


色の変化を動画で見たい人は見てみてね!

これらの色の変化は必ず覚えておこう!

4.中学生が覚えるべき酸性の水溶液

中学生が覚えなければいけない酸性の水溶液をまとめておくね!
下の表を見てみよう!
赤字は大切なものだよ!
強い酸性弱い酸性
塩酸炭酸
硫酸(りゅうさん)酢酸
硝酸(しょうさん)クエン酸

塩酸」は水に塩化水素を溶かしたもの

炭酸」は水に二酸化炭素を溶かしたもの

「酢酸」は酢の主成分

「クエン酸」はミカンなどに含まれる成分

だね!

 


これで「酸性の水溶液の性質と特徴のまとめ」

の解説を終わるね!

またいつでも遊びに来てね!

 

ばいばいー
また、このページと同じような内容だけど
がんばってみてね!

このサイトでは、

理科の苦手解決のために、さまざまな単元の解説をしています。

トップページから解説を読みたい単元を探してみてね☆

 


 

またねー