注目キーワード
  1. 問題集
  2. 植物
  3. リトマス紙

【中学理科】太陽系の惑星・衛星・すい星について詳しく解説

このページでは、3年生で学習する太陽系の「惑星」「衛星」「すい星(彗星)」について中学生向けに解説をしていきます。

太陽系の惑星
  • 太陽系とは?
  • 惑星とは?
  • 衛星とは?
  • すい星とは?

これらの疑問にバッチリと答えていきますね!

 
よろしくお願いします!

うん。よろしくね!

自己紹介

さわにい」といいます。元中学理科の教員。

現在は毎月30万人が利用する理科サイトの運営者です。

登録者5万の教育YouTuberでもあります。

2022年10月には学習参考書も出版します。

それでは、解説スタート!

太陽系とは

まずは「太陽系」について解説をしていくよ。

 
太陽系?

うん。この言葉の意味をしっかりと確認しないと勉強がしにくいからね。

太陽系とは
太陽と、太陽を中心に運動する天体の集まりのこと。

「運動」とは「動く」ということ。天体とは、「星」と簡単に考えるといいよ。

つまり太陽系とは、「太陽+太陽を中心に動く星たちのこと」なんだね。

太陽系とは

太陽系の主な天体には以下のようなものがあるよ。

 天体名太陽からの距離【億km】公転周期【年】半径【km】質量(地球=1)密度【g/cm3衛星の数【個】
惑星水星0.580.2424400.065.430
金星1.080.6260520.825.240
地球1.501.0063781.005.511
火星2.281.8833690.113.932
木星7.7811.8671492317.831.3379
土星14.2929.466026895.160.6965
天王星28.7584.022555914.541.2727
海王星45.04164.772476417.151.6414
恒星太陽6960003329461.41
衛星0.00380.0817370.01233.34
小惑星ケレス4.154.64700.000162.2
太陽系外縁天体めい王星59.6524811890.00211.855
エリス101.556112000.00252.31

★月は地球からの距離

それぞれ詳しく解説していくね。

惑星とは

惑星とは太陽のまわりを公転こうてんするものの中で、特に大きい天体のことだよ。

具体的には

  1. 水星
  2. 金星
  3. 地球
  4. 火星
  5. 木星
  6. 土星
  7. 天皇星
  8. 海王星

の8つだよ。これは太陽から近い順に並べたものだよ。

 
地球は3番目なんだね。

うん。そして惑星は、以下のような分け方があるから覚えて置いてね。

分け方①

地球型惑星と木星型惑星

まずは8つの惑星を「地球型惑星」と「木星型惑星」の2つに分ける分け方。

地球型惑星と木星型惑星
地球型惑星とは
地球型惑星とは、小型で主に岩石からなる密度が大きい惑星のこと。

「水星」「金星」「地球」「火星」の4つがあてはまるよ。

木星型惑星とは
木星型惑星とは、大型で主に気体からなる密度が小さい惑星のこと。

「木星」「土星」「天皇星」「海王星」の4つがあてはまるよ。

これらの分け方と特徴はテストによく出るから、しっかりと確認しておこう!

分け方は他にもあるんだ。

分け方②

内惑星と外惑星

次は「内惑星」と「外惑星」という分け方だよ。

内惑星と外惑星
内惑星とは
地球より内側を公転する惑星のこと。

水星と金星が地球より内側だから、この2つが内惑星だね。

外惑星とは
地球より外側を公転する惑星のこと。

火星・木星・土星・天王星・海王星が外惑星だね。

これらが惑星の基本だよ。続いては、それぞれの惑星を細かく見ていこう。

水星

水星

地球型惑星・内惑星

水星は太陽の最も近くを公転する惑星だよ。惑星の中で最も小さいよ。

太陽のとても近くをまわっているため、地球からはなかなか見ることができないよ。

水星は名前としては寒そうだけど、昼は400℃、夜は−200℃という環境だよ。

 
水星住みたかったけど、やめておくよ…。

金星

金星

地球型惑星・内惑星

地球のすぐ内側をまわり、地球よりも少し小さい惑星だよ。

硫酸の雲と、二酸化炭素を主成分とした大気におおわれているので、気圧は地球の90倍もあるよ。

地球からは明け方東の空夕方西の空に見えることができるよ。

地球

地球

地球型惑星

僕らが住んでいる地球だね。太陽から3番目に近い惑星だよ。表面に液体の水があり、生命が存在しているね。

 
地球最高!

ポイント

地球は衛星(惑星のまわりを公転する天体)として「」をもつよ。

火星

火星

地球型惑星・外惑星

地球のすぐ外側を公転する惑星だよ。小さい惑星で、直径は地球の半分くらい。

表面は酸化鉄を含んだ赤褐色の砂や岩石で覆われているよ。

二酸化炭素からなるうすい大気があり、北極や南極はドライアイスや氷で白く輝いているよ。

名前は「火星」と暑そうだけど、気温は−50℃ほどかなり寒いよ。

太陽から遠いからだね。

木星

木星

木星型惑星・外惑星

木星は太陽系で最大の惑星だよ。

木星を公転する衛星えいせいは60を越すんだよ。

土星

土星

木星型惑星・外惑星

土星もとても大きな惑星だよ。木星に続いて2番目に大きいよ。

直径は地球の9倍。質量は95倍もあるよ。

 
大きい…。

見た目は大きな輪が特徴で、これは小さな岩や氷の固まりからできているんだよ。

また、密度がとても小さく、1.0よりも小さいよ。つまり、水に浮くんだね。

天王星

天王星

木星型惑星・外惑星

天王星も地球の4倍の大きさがある大きな星。メタンが赤い光を吸収しているため、青く見えるよ。

また、衛星や輪とあわせて、横倒しで回転していることも見た目の特徴だね。

海王星

海王星

木星型惑星・外惑星

太陽から最も離れたところにある惑星。

太陽からの熱も届きにくいため、表面温度は−220℃程度だよ。

天王星と同じくメタンがあるため、海のように青く見えるよ。

これで主な惑星の特徴の紹介を終わるよ。

衛星

続いては、「衛星えいせい」について解説していくね。

 
衛星って、たまに聞くけどよくわからないよ…。

とっても簡単だよ。

衛星とは
惑星のまわりを公転する天体のこと。

つまり惑星のまわりをまわる星のことだね。

一度整理しよう

太陽のまわりを公転するのが「惑星」

その惑星のまわりを公転するのが「衛星」だよ。

わかりやすい地球を例に例えてみよう。

地球は太陽のまわりを公転しているよね。だから地球は惑星。

そしてさらに、地球のまわりを好転しているのが「月」だよ。

つまり月が地球の衛星なんだね。

太陽と地球と月

惑星には衛星を持つ星も持たない星もあるよ。

水星は金星は衛星をもたないんだ。反対に木星や天王星は60以上の衛星をもつよ。

小惑星

小惑星

小惑星は、火星と木星の間にある岩石のこと。

小惑星の中には隕石となって地球に落下するものもあるよ。

日本の探査機「はやぶさ2」が目指した小惑星「リュウグウ」なども有名だね!

すい星(彗星)

彗星

続いては「彗星すいせい」だよ。これは惑星の水星とは別物だから注意しよう。

すい星は「ほうき星」とも呼ばれるよ。長い尾が特徴の星だね。

 
どうして尾が見えるの?

すい星は氷やちりからできているんだ。だから太陽に近づくと、氷がとけて、蒸発した気体やちりが尾に見えるんだよ。

76年に一度見られる、ハレー彗星などが有名だね。

まとめ

これで

  • 太陽系
  • 惑星
  • 衛星
  • すい星

の紹介を終わるよ。このHPでは、中学理科の解説をたくさんしているので、他のページもぜひ見てみてね!

 
またねー!