注目キーワード
  1. 原子
  2. 分子
  3. 化学式
  4. 練習問題

モノコードの音の変化を詳しく解説【中学理科】

このページでは、モノコードの音の変化を解説するよ。

 

写真や動画付きで中学生向けに詳しく解説します!

 

モノコードとはどんなものか知りたい人

モノコードの音の変化を復習したい人

 

におすすめです☆

 

(5分で読むことができるよ☆)

 

モノコード、少しあやふや…
ちゃんと復習しておこう!
このページを読めば5分でバッチリだよ☆

 

みなさんこんにちは!

このサイトを運営する「さわにい」といいます。

中学理科教育の専門家で、インターネット上でも、中学生に役立つ理科サイトをつくっています。

ぜひ学習の参考にしてね☆

 


1. モノコードとは

 

モノコードって何だっけ?
モノコードは1本の弦を張った、楽器や道具のことだよ。
中学理科では、この道具を音の実験に使うんだね!
「モノ」はギリシャ語で「1」
「コード」は英語で「弦」
「1本の弦」という意味だね!
 モノコードの写真
ちなみに理科の実験では、モノコードに2本の弦が張ってある場合もあるよ。
それでも、「モノコード」と呼んでください☆

2. モノコードの音の変化と条件

①モノコードの音の大きさ

まずはモノコードの音の大きさについてだよ。
モノコードは、
強くはじくと大きな音が出る
弱くはじくと小さい音が出る
んだ。
大きい音と小さい音では、弦の動きは違うの?
いい質問だね!大きい音、小さい音の弦の動きをイラストで表してみよう!

大きい音のとき
 大きい音が出ているモノコード
大きい音が出ているときには、弦の振れ幅が大きいんだ。
この弦の振れ幅のことを「振幅」というよ。
つまり、「振幅が大きいと、大きな音がでる」んだね。

小さい音のとき
小さい音が出ているモノコード
小さい音が出ているときには、弦の振れ幅が小さいんだ。
つまり、「振幅が小さいと、小さな音がでる」んだね。
では、これを動画で見てみよう!
ちなみに、振幅と音の大きさの関係はモノコードだけに限らないよ。
太鼓をたたいた時も、みんなが声を出すときも、
振幅が大きいと大きな音が出るんだよ。

②モノコードの音の高さ

次は音の高さについてだよ。
モノコードの音を高くするには3つの方法があるんだ。
①弦を短くする
②弦を強く張る
③弦を細くする
の3つだよ。
それぞれ確認していこう。

①弦を短くする

モノコードは弦を短くすると、音が高くなるんだね。
モノコードの弦は、どうやって短くするの?
モノコードの弦を短くするには、「ことじ(琴柱)」という道具を使うよ。
ことじ
ことじを使うと、弦の長さを調節することができるんだ。
ことじをつけたモノコード
ことじを使って弦を短くすると、音が高くなるんだね。

低い音と高い音では、弦の動きはどのように違うの?
これもいい質問だね☆
音が低いときと高いときでは、弦の動く回数が違うんだ。
弦が動く回数?
そう。物体から音が出ているとき、その物体は振動しているんだよね。
高い音になると、振動する回数が増えるんだね。
イラストで表してみよう

低い音(弦が長い)のとき
低い音が出ているモノコード
低い音が出ているときには、弦が振動する回数が少ないんだ。
(少ないといっても、1秒に100回以上)
弦が1秒間に振動する回数のことを「振動数」というよ。
つまり、「弦が長く振動数が少ないと、低い音がでる」んだね。

高い音(弦が短い)のとき
ことじにより高い音が出ているモノコード
高い音が出ているときには、弦の振動数が多いんだ。
弦が短く振動数が多いと高い音がでる」んだね。

これも動画で見てみよう。

②弦の張りを強くする

モノコードは弦の張りを強くすると、音が高くなるんだね。
モノコードの弦の張りは、どうやって強くするの?
モノコードについているネジを回すと、張りを強くできるよ。
張りを強くすると、振動する回数が増えて、高い音になるんだね。
張りが弱いときと強いときをそれぞれイラストで表してみよう。

低い音(弦が張りが弱い)とき
低い音が出ているモノコード
弦の張りが弱いと、振動数が少くなり、低い音がでる」んだね。

高い音(弦の張りが強い)とき
高い音が出ているモノコード
弦の張りが強いと、振動数が多くなり、高い音がでる」んだね。

これも動画で見てみよう。

③弦を細くする

モノコード(ギターなども同じ)は弦が細いと、音が高くなるんだね。
弦が細いと、振動する回数が増えて、高い音になるんだね。
弦が太いときと細いときをそれぞれイラストで表してみよう。

低い音(弦が太い)とき
低い音が出ているモノコード
弦が太いと、振動数が少くなり、低い音がでる」んだね。

高い音(弦が細い)とき
高い音が出ているモノコード
弦が細いと、振動数が多くなり、高い音がでる」んだね。

これも動画で見てみよう。

3. まとめ

①モノコードの音の大きさ

モノコードの音の大きさは
強くはじくと大きくなる(振幅大)
弱くはじくと小さくなる(振幅小)

②モノコードの音の高さ

モノコードの音の高さは
弦が長いと低くなる
弦が短いと高くなる
弦の張りが弱いと低くなる
弦の張りが強いと高くなる
弦が太いと低くなる
弦が細いと高くなる
なんだね。

これで、

「モノコード

の説明を終わるよ!

理科の授業も勉強も、楽しんでね☆

みんなまたねー!

このサイトでは、

理科の苦手解決のために、さまざまな単元の解説をしています。

トップページから解説を読みたい単元を探してみてね☆


みんなにもこのページを紹介するには↓のボタンから☆
おすすめしてくれると嬉しいです!