金属の性質5つ(4つ)を中学生向けに詳しく解説!【中学理科】

このページでは中学理科で学習する

金属の5つの性質

について解説していくよ。この内容は中学1年生で学習するんだよ。

始めに5つの性質を紹介しておくね。

 

  • ① 電気をよく通す
  • ② 熱をよく伝える

  • 金属光沢
    きんぞくこうたく
    がある

  • 展性
    てんせい
    がある

  • 延性
    えんせい
    がある

 

の5つだね。これらについて詳しく解説していくよ!
(④、⑤は「展性・延性がある」とまとめることもよくあるよ。まとめると「4つの性質」になるね。)

 

中学理科に必要な知識はこのページを見ればバッチリだよ!

 


 

先生お願いします!
うん。よろしくね。
みなさんこんにちは!さわにいと言います!
元教員で、このサイトをつくっています。
マホ動画でわかりやすく勉強したい人は
さわにいのYouTube
(チャンネル登録2万人)
「神授業が見放題」のリクルートのスタディサプリ
(月¥980。今なら2週間無料)
などもおすすめです!
それでは、金属の5つ性質の解説スタート!

 


 

1. 電気をよく通す

金属の性質の1つ目は「電気をよく通す」だよ。

これは「電気伝導性」と言われることもあるよ!

 

金属はそんなに電気を通しやすいの?
うん。例えば実験などでもよく使う導線どうせんは「銅」からできているね。
これは銅が電気をよく通すからなんだよ。
導線
電球と導線

注意事項!

ここで2点注意を書いておくね!

 

① テストで金属の性質をきかれたときは

「電気を通す」ではなく

「電気を通しやすい」と書く。
(電気をよく通すでもOK)

細かいことだけど、正しく書けるようになろう!

 

② 「炭素」は電気を通しやすいが、金属ではない

炭素は電気を通しやすい

炭素(シャーペンや鉛筆の芯)は電気を通しやすいけれど金属ではないよ!

理由は4,展性てんせいがあるで説明するね!

 

これで1つ目の金属の性質「電気をよく通す」を終わるね。

 

 


 

2. 熱をよく伝える

金属の性質の2つ目は「電気をよく伝える」だよ。

 

 

金属が熱を伝える?
うん。金属は温まりやすく、冷めやすいということだね。
この温まりやすい性質を使って、フライパンなどは金属でできているんだね!

他にも、熱い飲み物の中に、金属とプラスチックのスプーンを入れておくと、金属のスプーンだけが熱くなるね。

これは、金属が熱をよく伝えるからなんだよ!

コーヒーとスプーン

 

注意事項!

ここで2点注意を書いておくね!

 

① テストで金属の性質をきかれたときは

「熱を伝える」ではなく

「熱を伝えやすい」と書く。
(熱をよく伝えるでもOK)

細かいことだけど、正しく書けるようになろう!

② 電気は「よく通す」熱は「よく伝える

電気と熱で日本語の表現が微妙に違うんだ。

余裕よゆうがある人はしっかりと覚えておこう!

 

 


 

3. 金属光沢がある 

金属の性質の3つ目は「金属光沢きんぞくこうたくがある」だよ!

 

金属光沢!…ってなあに?
金属光沢というのは、「みがくと光を受けてかがやく」性質のことだよ。

金属光沢

 

金属というのはピカピカキラキラ光る性質があるね。

そのため、アクセサリーや装飾品にもよく使われるよね。

これが金属の性質の3つ目だよ。

 

ほしい!

注意事項!

 

① 金属は「光を受けて」輝く

金属は電球のように「自ら」光るわけではないよ。

例えば真っ暗な部屋に置いたとき、電球は自分で光れるけれど、金属は自分からは光れないよね。

そのためテストでは「金属光沢」「光を受けてかがやく」「特有の光沢がある」など、しっかりとした言葉を使えるようにしようね!

 

 


 

4. 展性がある

金属の性質の4つ目は「展性てんせいがある」ことだよ。

 

展性?それって何のこと?
展性とは「たたくとうすく広がる」性質のことだよ!
え?金属って硬いよね?
うん。確かにかたい金属も多いけれど、意外と柔らかい金属も多いんだよ!
例えば釣りのおもりに使われる、「なまり」なんかは柔らかい金属だね。
ハンマーでたたくと簡単にうすく広がるよ。
それに、先生も本物は見たことが無いけれど「金」も柔らかい金属なんだ!
金はたたくととてもうすく広がって「金箔きんぱく」になるんだよ。
金閣寺のやつかー

金閣寺

そうそう。金属はたたくとうすく広がるんだね。これが「展性」だよ。

金属でない「ガラス」や「炭素(鉛筆の芯)」などは、たたくと割れてしまうね。

これが金属とそうでないものの大きな違いだよ!

しっかりと覚えておこう!

 


 

 

5. 延性がある

金属の性質の5つ目は「延性えんせいがある」ことだよ。

 

延性?展性とは違うの?
延性とはとは「引っ張るとのびる」性質のことだよ!
延性
金属にはこのように、引っ張ると細く伸びる性質もあるんだね!
では最後にまとめをしよう!

6. 金属の性質のまとめ

では金属の5つの性質をまとめるよ。金属の5つの性質は

 

  • ① 電気をよく通す
  • ② 熱をよく伝える

  • 金属光沢
    きんぞくこうたく
    がある

  • 展性
    てんせい
    がある

  • 延性
    えんせい
    がある

 

の5つ。

しっかりと確認しておこう!

 


① 金属の性質を「4つ」と数える場合

 

金属の性質「5つ」のうち「展性」と「延性」をまとめて「展性・延性がある」とすることがあるよ!

この2つをまとめると、金属の性質は「4つ」となるね!

 


最後に、テストで注意すべきポイントにもふれておくね。

②「磁石につく」は金属の性質ではない

「磁石につく」というのは金属に共通する性質では無いんだ。

 

え、金属は磁石につくでしょ!

それは、金属の中の「鉄」が磁石につくんだね。

金・銀・銅・アルミニウムなど、鉄以外で磁石につく金属はほとんど無いんだよ。

これはテストでも間違える人が多いところだから、忘れずに覚えておこうね。

 


③ 非金属 

「金属」以外の物質のことを「非金属」というよ。

紙・ガラス・炭素(鉛筆のしん)・石

などがテストによく出る非金属の例だね。

 

しっかりと覚えておこう!

 

 


 

これで金属の性質の解説を終わるよ。

このサイトでは中学理科の解説をしているので、他のページもぜひ見てみてね!

 

学習お疲れさまでした!
スマホパソコンわかりやすく勉強したい人は
さわにいのYouTube
(チャンネル登録2万人)
② 「神授業が見放題」のリクルートのスタディサプリ
(月¥980。今なら2週間無料)
などもおすすめです!
とても勉強がしやすくなりますよ!
スタディサプリ」はお家の人に相談してみてね!

 

 

ではまたねー!