タマネギの細胞分裂を中学生向けに解説!

タマネギ(ソラマメ)の細胞分裂の実験

の中学生向け解説ページです。

 

ソラマメの図  タマネギの画像

 

タマネギの細胞分裂

 

タマネギの細胞分裂は中学3年で学習します。

★タマネギの根の成長の観察

★タマネギの細胞分裂の実験

★タマネギの細胞分裂のようす

 

を知りたいという人はこのページを読めばバッチリだよ!

 

テストによく出る実験だね!

その通り!

写真や画像などを使ってくわしく説明するね!

 


みなさんこんにちは!

さわにい」といいます。

中学理科教育の専門家です。

このサイトは理科の学習の参考に使ってね☆

ではタマネギの細胞分裂の学習スタート!

(目次から好きなところに飛べるよ)

1.タマネギの成長の観察実験

まずはタマネギ(ソラマメ)の成長の実験の説明をしていくよ。

 

この実験は何のために行うの?
いい質問だね。

例えばここに、少し根(芽)が出たソラマメがあったとするよ。

ソラマメの根

そしてこの根が、成長して伸びたとしよう。

ソラマメの根2.1

 

こんな感じだね!

 

それがどうしたの?

根が成長するときって、根のどこの部分が伸びるのかな?
ソラマメの根3
うーん、全体的にじゃないの?
でも、証拠しょうこが無いよね。
これを確かめるために行うのが、タマネギ(ソラマメ)の根の観察実験なんだ!

まず、ソラマメの根にこのように印をつけてみよう。
ソラマメの図
そしてこの印をつけた根を成長させると、印はこのようになるんだよ!
ソラマメの図2
下の部分の印の間が、大きくあいているね!
そうなんだ。つまり、この部分が伸びた(成長した)と言えるんだね!
ソラマメの図4
上の図の赤の部分だけが伸びたから、印と印の間が開いているんだね。
うん。そういうこと。
タマネギやソラマメの根が成長するときは、根の先端せんたん付近が最も成長するんだよ!
とても大事だから必ず覚えておこうね!

では、根の先端付近をさらに詳しく見てみよう。
タマネギの根の成長点
このような感じだね。繰り返しだけど、根の先端付近(図で言うC)が最も成長しやすいところだよ。
そして、この成長しやすい「C」の部分を「成長点」と言うから、この言葉も覚えておこう!

先生!最も先端のこの部分は成長点ではないの?
タマネギの根の最も先端
いい質問だね。
この部分は成長点ではないんだ。
最も先端のこの部分は、「根冠こんかん」と言うんだ.
根冠は固くなっていて、地面を掘り進んだり、成長点を守るはたらきがあるんだよ!
これも合わせて覚えておこう!
では、1章をまとめよう。
タマネギやソラマメの根は、先端付近が最も成長する。
この点を「成長点」という。成長点と根冠

2.タマネギの細胞分裂

「成長点」についてはしっかりと理解できたかな?
うん、大丈夫!
では次は、成長点付近の細胞がどのようになっているか、顕微鏡で観察してみよう!
この観察を行うときには、ポイントが3つあるので、しっかりと覚えておこう!
① タマネギの根を「うすい塩酸」につけ、1分ほど温める
うすい塩酸であたためる
これは、細胞の1つ1つを離れやすくするためである。② タマネギの細胞には「酢酸カーミン液」をたらすこれは細胞の核に色をつけるためである。③ プレパラートに乗せたタマネギを指で押しつぶす指で押しつぶすこれは、タマネギを平らにし、細胞の重なりを無くして観察しやすくするためである。根を押しつぶす

これらのポイントを押さえて、タマネギを観察すると、下の写真のようになっているんだよ。
タマネギの細胞分裂
うわー。なんだこれ!
これはタマネギが細胞分裂をしているようすだよ!
細胞分裂?
うん。生物が成長するときには、この「細胞分裂」を行うんだ。
細胞分裂のおこり方を、図で詳しく見てみよう!
細胞分裂の詳細
これが細胞分裂のおこり方だよ。
図の①~⑥という流れで、1つの細胞が2つに増えていくんだ。これが「細胞分裂」だよ。
生物はこの細胞分裂をくり返して、大きな体に成長していくんだね!
もう一度タマネギの写真を見てみよう。
タマネギの細胞分裂
たくさん細胞分裂しているようすがよくわかるね!
こうやって、タマネギは成長しているんだね!
そういうこと!

これでタマネギの細胞分裂の解説を終わるよ!
では、またいつでも遊びに来てねー!

 


 

またねー