注目キーワード
  1. 問題集
  2. 植物
  3. リトマス紙

【中学理科】始祖鳥の特徴を完全解説

 
うん。
まずはテストに必要な始祖鳥の知識を見ていこう!
 

1. 始祖鳥とは

始祖鳥(シソチョウ)は、約1億5000年前の地層から、化石として見つかった生物だよ。

 

ハ虫類と鳥類の両方の特徴」をもっていることが一番の特徴なんだ。

 

 
それってすごいの?

うん。

セキツイ動物(背骨をもっている動物)の進化は、おおまかに言うと

魚類→両生類→ハチュウ類→鳥類→ホニュウ類

の順と言うことができるんだ。

哺乳類の進化

 

始祖鳥は「ハ虫類と鳥類の両方の特徴」をもっている。つまり、

鳥類はハチュウ類から進化した。という証拠しょうこになる生物なんだね!

 

【参考】セキツイ動物の特徴の一覧

 魚類両生類は虫類鳥類ほ乳類
背骨ありありありありあり
子の生まれ方卵生卵生卵生卵生胎生
卵(子)が育つ場所水中水中陸上陸上メスの体内
主な生活場所水中水辺陸上陸上陸上
呼吸のしかたえら子→えらと皮ふ 親→肺と皮ふ
体表うろこしめった皮ふうろこ羽毛
※ 体温の変化変温動物変温動物変温動物恒温動物恒温動物
なかまの例マグロ サメ タツノオトシゴカエル イモリワニ カメ ヘビ ヤモリニワトリ ハトイヌ ネコ コウモリ クジラ
 

 

では続いて、始祖鳥がもつ、ハチュウ類と鳥類の特徴をそれぞれみていこう。

 

 

2. 始祖鳥の特徴

 

① ハチュウ類としての特徴

 

始祖鳥がもつ、ハチュウ類としての特徴は次の3つだよ。

 

  1. くちばしに歯がある
  2. つばさの先につめがある
  3. 尾骨があり、長い尾を持つ

 

 

始祖鳥の骨

 

始祖鳥のイラスト

 

 
鳥っぽいけど、歯やつめがあるんだね!
うん。それと、鳥らしくない、長い尾も特徴だからしっかりと覚えておこうね!
 

② 鳥類としての特徴

 

始祖鳥がもつ、鳥類としての特徴は次の2つだよ。

 

 

 

  1. つばさがある
  2. 全身が羽毛でいる

 

始祖鳥のイメージ

 

 
確かに。つばさがあって、全身に羽毛があるから、鳥のように見えるんだね!

 

そういうことだね。

これで、中学生が学習する「始祖鳥」の解説を終わるよ。

 

このサイトでは、中学理科に必要なさまざまな知識を解説しているから、他のページもぜひ見てみてね!

 

 

 
またねー!