注目キーワード
  1. 中1
  2. 中2
  3. 中3
  4. 化学

銅の酸化(燃焼)の実験を中学生向けに解説。

銅の酸化(燃焼)の中学生向け解説ページです。

銅の燃焼

は中学2年生の化学で学習します。

 

銅・酸化銅の色

銅の酸化(燃焼)の実験動画

銅の酸化の化学反応式

 

を学習したい人は

このページを読めばバッチリだよ!

 


みなさんこんにちは!

さわにい」といいます。

中学理科教育の専門家です。

このサイトは理科の学習の参考に使ってね☆

では、銅の酸化の学習スタート!
(目次から好きなところに飛べるよ)

銅は赤褐色(せきかっしょく)の金属だよ!
銅粉

銅を燃焼させてできる
酸化銅は黒色だよ!
酸化銅
酸化銅は金属ではないの?
うん。燃えた後は金属では無くなってしまうよ。
だから、金属光沢もないし、電気も流さないね。

2.銅の酸化の実験動画

次はの酸化(燃焼)
の実験動画だよ。
やったー。どうやって
赤褐色が黒色になるか気になるぞ!
ほんとだね。
さっそくみてみよう!(1分)

おー。面白い!
うん。実際の実験では、かき混ぜながら何度も加熱するよ!
これは、銅を完全に酸素と酸化させるためだね。

3.銅の酸化の化学反応式

最後にの酸化(燃焼)の化学反応式を確認しよう!

①銅・酸化銅の化学式

まずは化学式の確認だよ。

銅の化学式

Cu   だね。

モデル(絵)で書くと

dou

だね。


次に、

酸化銅の化学式

CuO  だね。

モデル(絵)で書くと

sankadou

だね。


まずはこの化学式をしっかりと覚えてね!

化学式を正確に覚えないと、化学反応式は書けないんだよね!
そうそう。特に、
「酸化銅」は銅と酸素が1つずつ
というところをしっかりと覚えようね!

②銅の酸化の化学反応式

では、銅の燃焼の化学反応式を確認しよう。

銅の燃焼の化学反応式は下のとおりだよ!

2Cu + O2 → 2CuO

 

先生、式の書き方はどうだっけ?
では、1から解説するね。
まず、日本語で化学反応式を書いてみよう!

① 銅 + 酸素 → 酸化銅

(慣れたら省略していいよ。)


次に、①の日本語を化学式にそれぞれ変えるよ。

② Cu + O2  → CuO

だね。


これで完成にしたいけれど、

Cu + O2  → CuO

dou + 酸素分子   sankadou 

のままでは、矢印の左と右で原子の数が合っていないね。

この場合は両側で原子の数を合わせないといけないんだよ。

 


それでは係数をつけて、
原子の個数を矢印の左右でそろえていくよ。

係数は化学式の前、

銅の係数

のピンクの四角の中にしか書いてはいけないね。
赤の小さい数字を書いたり変えたりしないでね。

それでは係数を書いて、左右の原子の個数をそろえよう。

銅の係数

dou  +  酸素分子    sankadou 

今、矢印の右側の酸素原子が1個たりないね。

足りない所を増やしていけば、いつか必ず数がそろうよ。

では、右側の酸化銅の前に係数をつけて、増やしてみよう。

銅の係数1

dou +  酸素分子  sankadou sankadou

これで左右の酸素原子の数がそろったね!


だけど、銅原子の数が合わなくなってしまったよ!

うん。では、今度は矢印の左側に銅を増やそう。

足りない所を増やしていけば、いつか必ず数がそろうからね。

銅の係数2

dou dou+  酸素分子  sankadou sankadou

 

これで、矢印の左右で原子の数がそろったね。

つまり、化学反応式の完成なんだね。

 

銅の酸化(燃焼)の化学反応式

2Cu + O2 → 2CuO

だね!

 

 

化学反応式が苦手な人は、下のボタンから学習してみてね!

4.銅と酸素の質量比

最後に銅と酸素が化合する質量比について簡単に説明するよ。
銅と酸素の質量比は
銅:酸素=4:1
なんだ。
つまり、4gの銅があると、1gの酸素がくっついて、5gの酸化銅ができるんだね!
同じように、
8gの銅があると、2gの酸素がくっついて、10gの酸化銅ができる。
10gの銅があると、2.5gの酸素がくっついて、12.5gの酸化銅ができる。
という感じだね。

これで銅が燃焼し、酸化銅ができる実験の解説を終わるね!

みんなにもこのページを紹介するには↓のボタンから☆
おすすめしてくれると嬉しいです!