注目キーワード
  1. 中1
  2. 中2
  3. 中3
  4. 化学

硫化鉄のまとめ(中学生用)

硫化鉄(FeS)の中学生向け解説ページです。

「硫化鉄(りゅうかてつ)」は中学2年生の化学で学習します。

 

硫化鉄の色

硫化鉄の化学式

硫化鉄のモデル

硫化鉄の化合

硫化鉄の化合の実験

硫化鉄の化合の化学反応式

 

を学習したい人は

このページを読めばバッチリだよ!

急いでいる人のために、

硫化鉄の化学式と色、鉄と硫黄の化合の化学反応式をのせておくね!

 


 

硫化鉄の化学式

FeS

硫化鉄の色

黒色

硫化鉄

鉄と硫黄の化合の化学反応式は

 Fe + S → FeS 

だよ!

 


みなさんこんにちは!

さわにい」といいます。

中学理科教育の専門家です。

このサイトは理科の学習の参考に使ってね☆

それでは硫化鉄の学習スタート!

1.硫化鉄の化学式とモデル

①硫化鉄の化学式

硫化鉄の化学式

FeS(エフイーエス)だよ!

硫化鉄

だね。

本当は硫化鉄には、いくつか種類があるんだけど、

中学生は「FeS」を覚えておけば大丈夫だよ!
(様々な種類の硫化鉄を知りたければWikipedia)


 

硫化鉄(FeS)はつまり、

鉄(Fe)の原子が1つ

硫黄(いおう)(S)の原子が1つ

がくっついてできた化合物

なんだね!

 


②硫化鉄のモデル

では、硫化鉄(FeS)をモデルで表してみよう。

 

モデルって何だっけ?
目に見えないくらい小さい原子を、分かりやすく書いた絵を「モデル」というんだよ。
硫化鉄のモデルは下のようになるよ!
硫化鉄のモデル
「Fe」が鉄。「S」が硫黄の原子だね!
なるほど。鉄原子が1つ。硫黄原子が1つでFeSだね!

そういうこと!


1つだけ注意点だよ。

硫化鉄は「分子」ではないから注意してね!

 

そっか。塊(かたまり)になっている物質は「分子」とは言わないんだよね!

そうそう!

 

硫化鉄は本当は、

鉄、硫黄、鉄、硫黄・・・
鉄、硫黄、鉄、硫黄・・・
鉄、硫黄、鉄、硫黄・・・

と何億、何兆個もくっついて、かたまりになっているんだ。

イメージ図↓
硫化鉄の塊のモデル

「鉄、硫黄…」がたくさんあって、数えられない!!そんな場合は、下の赤丸の部分だけを読み取ればいいんだよね!

硫化鉄のこの部分を代表して書く

そう。この赤丸の部分だけを代表して

「FeS」と呼んでいるんだ。

だけどさっき言ったとおり、

硫化鉄はかたまりなので分子ではない

から、そこだけは注意してね!

 

おーけー!
もし、「原子」や「分子」などが苦手な人は、下のボタンを押してね。バッチリわかるようになるよ☆

2.鉄と硫黄の化合

次はと硫黄の化合についてだよ!

中学生で硫化鉄は、この実験くらいしか出ないから、しっかりと覚えておこうね!

①鉄と硫黄の化合の実験

まずは実験についてだよ。

鉄粉を準備します。(7.0g)

鉄は銀白色の固体だよ!

鉄分


次に硫黄を準備します。(4.0g)

硫黄は黄色の固体だよ。

硫黄粉


次に鉄粉を硫黄を混ぜ合わせるよ。

鉄粉と硫黄

かき混ぜて

鉄と硫黄を混ぜ合わせる

取り出して

鉄と硫黄の混合物

こんな感じだね。

これを鉄と硫黄の混合物

と言うよ!

混合物?
うん。「鉄と硫黄を混ぜたもの」ということだね。

これは、鉄と硫黄を混ぜただけだから、

磁石を近づけると磁石につくよ!

鉄が磁石についているんだね!
うん。そういうこと!
鉄と硫黄の混合物は磁石につく
鉄の成分が磁石につくんだね!
また、この
鉄と硫黄の混合物にうすい塩酸を加えると、水素が発生するよ!
中学1年生で、うすい塩酸+鉄(亜鉛)で水素が発生するのを学習したね。
だから、鉄と硫黄の混合物にうすい塩酸を加えると、鉄と塩酸が反応して、水素が発生するんだね。
なるほど。了解です。

では、この混合物を加熱して、鉄と硫黄を化合させてみよう!

鉄と硫黄が化合し、硫化鉄になるよ!

動画で見てみよう。


おお!かっこいい!
鉄 + 硫黄 → 硫化鉄
という化合の反応をしたんだね!
この実験のポイントは、加熱をやめてても、反応で出る熱により、反応が続くよ!
テストによく出るから覚えておこうね!

さて、これで
黒色の硫化鉄(FeO)ができたよ!
硫化鉄ができる
この硫化鉄は、磁石にはつかないよ!
 硫化鉄は磁石につかない

硫化鉄は鉄ではないから、磁石につかないんだね。
うん。
そして、この硫化鉄にうすい塩酸を加えると、
硫化水素
が発生するよ!
あ、あの玉子が腐った臭いのやつ?
そう。腐卵臭(ふらんしゅう)と言うよ。
硫化水素は有毒で、臭いもキツイから、実験を行う時は必ず換気をしようね!
これが鉄と硫黄の化合の実験だよ。
一度まとめておこう!
鉄と硫黄の混合物

(加熱前)

鉄と硫黄の化合物

(加熱後)

化学式 Fe + S FeS
磁石につくか つく つかない
うすい塩酸を加える  水素が発生
(無臭)
 硫化水素が発生
(腐卵臭)
この表はとても大切!必ず覚えよう!
次は、化学反応式についてだよ!

②鉄と硫黄の化合の化学反応式

鉄と硫黄の化合の化学反応式をのせておくね。

 

鉄と硫黄の化合の化学反応式は下のとおりだよ!

Fe → S + FeS

 

先生、式の書き方はどうだっけ?
では、1から解説するね。
まず、日本語で化学反応式を書いてみよう!

①  + 硫黄 → 硫化銅

(慣れたら省略していいよ。)


次に、①の日本語を化学式にそれぞれ変えるよ。

② Fe → S + CuS

だね。

鉄の化学式はFe
硫黄の化学式はS
硫化鉄の化学式はFeS

これは暗記しておかなければいけないよ!

 


③ 矢印の左と右で、原子の個数を確認しよう!

Fe  →  S  +  FeS

tetu + iou   硫化鉄のモデル


矢印の左

鉄1つ 硫黄1つ


矢印の右

鉄1つ 硫黄1つ

となるから、左右の原子の個数が合っているね!


だから、

Fe → S + FeS

この化学反応式でOKだね!
(個数が合っていない場合は係数をつけて、原子の個数を合わせなければいけないね!)

最後にもう一度確認。

鉄と硫黄の化合の化学反応式

Fe → S + FeS

必ず書けるようになろうね☆

 


これで硫化鉄の解説は全て終わりだよ。
硫化鉄はここで説明した実験をしっかりと覚えておこうね!
それじゃあみんな、またねー☆

化学反応式が苦手な人は、下のボタンから学習してみてね!
硫化銅は「純粋な物質」であり、「化合物」
間違いやすい人は下のボタンから学習してみてね!

 

またねー

 



\ みんなへの紹介はここのボタンから /