注目キーワード
  1. 中1
  2. 中2
  3. 中3
  4. 化学

水の電気分解の解説(中学生向け)

水の電気分解の分解の中学生向け解説ページです。

「水の電気分解」

は中学2年生の化学で学習します。

 

①水の電気分解の実験動画

②水の電気分解で何ができるのか

③水の電気分解の化学反応式

④水は熱分解ができるか(おまけ)

 

を学習したい人は

このページを読めばバッチリだよ!

急いでいる人のために、ポイントをまとめておくね!

水の電気分解でできるもの

陽極(+側)→酸素  陰極(-側)→水素
(オススメの語呂合わせも紹介するよ)

②水の電気分解の化学反応式

2HO → 2H + O

③水の電気分解を行うときに水酸化ナトリウムを入れる理由

電気を通しやすくするために入れる。
(純粋な水はほとんど電気を通さない)

だね。

詳しい解説や実験動画は下へと読み進めてね☆

 


みなさんこんにちは!

さわにい」といいます。

中学理科教育の専門家です。

このサイトは理科の学習の参考に使ってね☆

では

水の電気分解の学習スタート!
(目次から好きなところに飛べるよ)

①水の電気分解の実験動画

水の電気分解は中学2年生で学習する内容だね。
水に電気を流すと、「水素」と「酸素」に分解することができるんだ。
まずは動画で見てみよう!
おお。気体が発生して、火がつく様子が見れるね!
うん。とても面白い実験だね!
では、実験を詳しく確認していこう。

②水の電気分解で発生するもの

陽極(+側)からは酸素が発生するよ。
酸素の確かめ方は、「火のついた線香を近づける」だね。
酸素が発生していると、線香が激しく燃えるんだよ!
酸素により線香が激しく燃える

陰極(-側)からは水素が発生するよ。
水素の確かめ方は、「火のついたマッチを近づける」だね。
酸素の時は線香なのに、水素の時はマッチなの?
そうなんだ。
酸素の確かめ方 → 線香
水素の確かめ方 → マッチ
これを覚えておくと便利だから、ついでに覚えておこうね!
水素が発生していると、マッチが音を激しく燃えるんだよ!
水素によりマッチが音を立てて燃える

③水の電気分解で発生する気体の覚え方

ここまでは大丈夫かな?
陽極(+側)→酸素
陰極(-側)→水素
だね。

どっちが酸素でどっちが水素か。
覚えにくい…。
確かに覚えにくいね。
そんなときはゴロ合わせで覚えてみよう!
プーさんスイマー
という語呂合わせがオススメだよ。
プー(プラス)さん(酸素)
スイ(水素)マー(マイナス)
という感じで、プーさんがスイマー(泳ぐ人)になって泳いでいるイメージだね!
水の電気分解の語呂合わせ

④水素と酸素の体積比

実験で大切なポイントがもう一つあるよ。
それは、
水素は酸素の2倍の量が発生する。
ということなんだ。
水素は酸素の2倍の量が発生
なんで水素は2倍の量が発生するの?
ちゃんと理由があるんだよ。
この後の「化学反応式」のところで詳しく解説するね!

⑤水の電気分解で水酸化ナトリウムを入れる理由

最後にもう一つポイントだよ。

実は、純粋な水(水の中に全く何も入っていない水)は電気をほとんど通さないんだ。

 

電気が流れなければ、電気分解ができないね。
うん。だから水を通しやすくするために、
水酸化ナトリウム
を少量入れて、電気を通しやすくして実験を行うんだ。
テストに出やすいから、しっかりと覚えておこう。
また、水酸化ナトリウムは非常に危険だから、先生の言うことをしっかりと聞いて実験を行ってね!

 

水酸化ナトリウムの危険性

 


2.水の電気分解の化学反応式

では、水の電気分解の化学反応式を確認しよう。

 ①水の電気分解で使う化学式

まずは化学式の確認だよ。

水の化学式

HO  だね。

モデル(絵)で書くと

水分子

だね。


水素(分子)の化学式

H  だね。

モデル(絵)で書くと

水素分子

だね。


次に、

酸素(分子)の化学式

O  だね。

モデル(絵)で書くと

酸素分子

だね。


 

 


まずはこの化学式をしっかりと覚えてね

 

化学式を正確に覚えないと、化学反応式は書けないんだよね!
そうそう。しっかりと覚えてね。

②水の電気分解の化学反応式

では、水の電気分解の化学反応式を確認しよう。

水の電気分解の化学反応式は下のとおりだよ!

2HO → 2H + O

だよ!

 

先生、式の書き方はどうだっけ?
では、1から解説するね。
まず、日本語で化学反応式を書いてみよう!
「水」が「水素」と「酸素」に分かれるんだね。

① 水 → 水素 + 酸素

(慣れたら省略していいよ。)


次に、①の日本語を化学式にそれぞれ変えるよ。

② HO → H + O

だね。


これで完成にしたいけれど、

HO → H + O

水分子  水素分子 + 酸素分子

のままでは、矢印の左と右で原子の数が合っていないね。

矢印の左側に酸素原子が1つ足りないね。
うん。

この場合は両側で原子の数を合わせないといけないんだよ。

 


それでは係数をつけて、
原子の個数を矢印の左右でそろえていくよ。

係数は化学式の前、

水の電気分解の化学反応式1

のピンクの四角の中にしか書いてはいけないね。
右下の小さい数字を書いたり変えたりしないでね。

それでは係数を書いて、左右の原子の個数をそろえよう。

水の電気分解の化学反応式1

水分子  水素分子 + 酸素分子

今、矢印の左側の酸素原子が1個たりないね。

足りない所を増やしていけば、いつか必ず数がそろうよ。


では、左側の水の前に係数をつけて、増やしてみよう。

水の電気分解の化学反応式2

水分子 水分子  水素分子 + 酸素分子

これで左右の酸素原子の数がそろったね!


だけど、水素原子の数が合わなくなってしまったよ!

うん。では、今度は矢印の右側に水素を増やそう。

足りない所を増やしていけば、いつか必ず数がそろうからね。

水の電気分解の化学反応式3

水分子 水分子  水素分子 水素分子 + 酸素分子

 

これで、矢印の左右で原子の数がそろったね。

つまり、化学反応式の完成なんだね。

水の電気分解の化学反応式

2HO → 2H + O

だね!


ところで、
水の電気分解では、水素が酸素の2倍の量できる
という話は覚えているかな?
そうそう。その理由を教えて下さい!
今作った化学反応式を見てみよう。
2HO → 2H + O
水分子 水分子  水素分子 水素分子 + 酸素分子
ほら。水素が酸素の2倍の量できているよね!
あ、ほんとだ!
水素分子が2つ。
酸素分子が1つ。
だもんね。
このような理由で、水素は酸素の2倍の量の体積が発生したんだね。
化学反応式を見れば、当たり前の結果なんだね。

 

これで水の電気分解の学習を終わるね
まとめ

水の電気分解でできるもの

陽極(+側)→酸素  陰極(-側)→水素
(オススメの語呂合わせも紹介するよ)

②水の電気分解の化学反応式

2HO → 2H + O

③水の電気分解を行うときに水酸化ナトリウムを入れる理由

電気を通しやすくするために入れる。
(純粋な水はほとんど電気を通さない)

だね。

 


 

またねー

 



\ みんなへの紹介はここのボタンから /