注目キーワード
  1. 原子
  2. 分子
  3. 化学式
  4. 練習問題

電力量の計算と求め方が読むだけでわかる!

電力量とは何か?

電力量の計算式と計算方法を中学生向けに詳しく解説していきます!
(中学理科では「電力」と「電力量」は別物だよ!)

急いでいる人のために、先に

電力量の求め方の公式」を書いておくね!

電力量 電力×時間s(秒)

だね。

 

ちなみに電力の公式は
電力】=電流】×電圧】だよ。


このページを読み進めると

①電力量とは何か
(電力と電力量の違い)

②電力量の単位

③電力量の計算方法

④電力量の計算問題練習

 

を詳しく学べるよ!
電力量って何?・・・
電力とは違うの?
しっかりと確認しておこう!!
このページを読めば3でバッチリだよ!

また、このページは中二理科の電気の単元の8ページ目なんだ。

①回路と電気の記号・直列回路と並列回路

②電流の計算・単位・電流計の使い方

③電圧の計算・単位・電圧計の使い方

④抵抗の計算と公式

⑤オームの法則の計算と公式

⑥電力の計算

⑦熱量(発熱量)の計算

⑧電力量の計算←今ここ

⑨直流と交流

⑩理科の静電気の解説

⑪クルックス管と陰極線

 

全てのページを読むと電気の学習が完璧になるよ。

ぜひチャレンジしてみてね!

 

 


みなさんこんにちは!

このサイトを運営する「さわにい」といいます。

中学理科教育の専門家で、インターネット上でも、中学生に役立つ理科サイトをつくっています。

ぜひ学習の参考にしてね☆

 

それでは電力量の学習スタート!

1.電力量とは何か

①電力と電力量の違い

電力と電力量の違いから確認していこう。
電力…1秒間に使う電気のエネルギーのこと。
電力】=電流】×電圧
で求めることができる。
電力の学習ページはここから

電力量…「電力」を何秒間使ったか
電力量 電力×時間s(秒)
で求めることができる。
なんだ!「電力量」って電力を何秒使ったかだけなの?
そう。とっても簡単なんだよ!
だけど「電力」と混ざりやすいから、難しく感じるんだね!

②電力量の単位

次は「電力量の単位」だよ。とても大切だから必ず覚えてね!

電力量の単位は「(ジュール)」だよ!

 

「単位」って何だっけ?
単位はとっても簡単☆「数字の後につけるもの」のことだよ。

例えば、日本のお金の単位は何かわかる?
」かな?
そうそう。日本では、「100」「1万」のように、数字の後に「」をつけるね。
この数字の後についているのが単位なんだ。
この単位って、とっても便利なんだよ!
そう?便利と感じたことないけど…。

会話をしている時に、○○と言えば、「お金の話をしているな。」とすぐわかるよね。

反対に、友達に「お小遣い、いくらもらってる?」と聞いたときに「500g」と友達が答えたら「え?」となるよね。

 

お前の小遣い牛肉か!となるね。
うんうん。だから単位があるととても話が分かりやすくなるんだ。
みんなが知っている単位を少し書くから、確認してみよう!

お金の単位? → (日本では)

長さの単位は? → mm cm m km など

時間の単位は? → 秒 分 時間 日 年 など。

温度の単位は? →  など

質量の単位は? → mg g kg など

面積の単位は? → cm  m など

こんな感じだね!

 

なるほど!単位の大切さがよくわかったよ。

単位の大切さがわかったところで、電力量の単位をもう一度確認するよ。
電力量の単位は」と書いて「ジュール」と読むよ!

必ず覚えておいてね!

 


そして、この後必要になる、「電力」と「時間」の単位も確認しておこう。

電力の単位は「

時間の単位は「s(秒)」

だったね!

 


 

2.電力量の公式と求め方

電力量とは何か
電力量の単位が
わかったところで、電力量の計算方法の解説だよ。

まず、電力量を求める公式を覚えないといけないね。

発熱量を求める公式は

 

電力量】= 電力】×時間

 

だよ。

 

電力量は「電力を何秒使ったか」だもんね!
そういうこと☆
それでは計算練習をしてみよう!
公式を覚えてしまえば簡単だよ!

3.電力量の計算問題

基本的な問題で確認しよう!

例題1

消費電力1200Wの電気ケトルを60秒間使ってお湯を沸かした。このときの電力量はいくらか。

電気ケトル


解説

電力1200W

時間60秒

よって電力量

1200×18072000

72000J

 


例題2

消費電力30Wのパソコンを40分間使って仕事をした。このときの電力量はいくらか。

ノートパソコン

 

簡単簡単!30×40だね!
それはよくある間違いだよ!
解説を読んで確認してね☆

解説

電力30W

時間は40分。

電力量を求めるときの時間は「秒」で考えなければならないから

時間は40×60=2400秒

よって電力量

30×240072000

72000J

 


例題3

例題1の電気ケトルと例題2のノートパソコンを比べると、

①電力

②電力量

はどちらが大きいか。または同じか。

電気ケトル2 ノートパソコン2

 


解答

電力は電気ケトルが大きい。
(1200W30Wだから)

電力量は同じ
(72000J72000Jだから)

 


 

以上で電力量の解説を終わるよ!

公式を覚えておけば簡単だね!

電力量 電力×時間s(秒)

 

先生!電力量の公式って、「熱量」と全く同じだよね?
いいところに気が付いたね!
「熱量」と電力量の公式は全く同じなんだ!
熱量】  電力×時間s(秒)
電力量 電力×時間s(秒)
これも紛らわしいから、しっかりと確認しておこうね!
熱量の学習はここから

ではこれでおしまい。
次は「直流と交流」の確認だよ!
ではまたねー!
ほな、また来週!