純系とは何か。中学生向けに解説!

純系じゅんけいとは何か

の中学生向け解説ページです。

遺伝の単元の「純系」は中学3年生で学習します。

 

①遺伝の基本から学習したい

②自家受粉とは何?

③形質とは何?

④純系とは何?

という人はこのページを読めばバッチリだよ!

 

遺伝、ややこしいね!

うん!

①自家受粉

②形質

③純系

の順でくわしく説明するね!

 


みなさんこんにちは!

さわにい」といいます。

中学理科教育の専門家です。

このサイトは理科の学習の参考に使ってね☆

では遺伝の学習スタート!

(目次から好きなところに飛べるよ)

1.自家受粉とは

ではまず始めに、「自家受粉」とは何か。
を説明していくよ!
自家受粉?
うん。「遺伝」や「純系」の学習をするには、この「自家受粉」が何かがわからないといけないんだ!
わかれば簡単だから、しっかりと話しを聞いてね!
わかりました!

ます、花のめしべに花粉がつくと、「受粉」といって種(種子)ができるよね。
(花粉はおしべで作るよ)
受粉

そして普通、花粉は1つの花から別の花へと運ばれるんだ!
虫を使ったり(虫媒花)
虫に花粉を運んでもらう
風を使ったり(風媒花)
風に花粉を運んでもらう
して運ぶんだね。
別の植物と子を作れば、優れた子が生まれやすいんだよ!
うん。そういうことだね。
このような受粉を「他家受粉たかじゅふん」というんだけど、
植物は、(むりやり)自分の花粉を自分につけて子どもをつくることもできるんだよ!
アブラナの自家受粉
たしかに。一本の植物におしべもめしべもあるもんね。
この、自分の花粉を自分につけることを「自家受粉」というんだよ!
とても大切な言葉だから必ず覚えておこうね!

自家受粉

自分の花のおしべからとった花粉を、自分の花のめしべにつけて受粉(種子をつくる)こと

自家受粉のイラスト


2.形質とは

次に「形質」とは何かについて解説していくね。

形質とは、「それぞれの生物のからだの特徴や性質のことだよ。」

 

どういうこと?
例えばヒトで言うと、
 直毛と天然パーマ

 右利き左利き

 まぶたの一重と二重

のような特徴があるよね。

これを「形質」というんだ。


中学理科の植物に出てくる主な形質

 種子がまるかしわ
種子の形

 花の色が何色か

花の色

などがあるんだよ。


そして、この形質が「親」→「子」→「孫」と伝わっていくことが「遺伝」なんだね!

 

親から色々な形質を受け継ぐんだね!
そうだね!
兄弟でも受け継ぐ形質は違うから面白いよね!

形質

それぞれの生物のからだの特徴や性質のこと
種子の形花の色

遺伝

形質が「親」→「子」→「孫」と伝わっていくこと


3.純系とは

さて、いよいよ「純系」の解説だね
やっとか!
うん。でも「自家受粉」と「形質」が分かっていれば、「純系」は簡単だよ!

純系とは

何世代自家受粉しても、同じ形質を現すもの

のことなんだ。

 

どういうこと?
図にすると下のような感じだね。
丸い種子の純系
自家受粉させていっても、「子」→「孫」と丸い種子をつくり続けているね。
この場合は、「丸い種子をつくる純系のエンドウ」と言えるんだね!

次の場合も純系だよ

しわの種子の純系

自家受粉させていくと、「子」→「孫」としわの種子をつくり続けているね。
この場合は、「しわの種子をつくる純系のエンドウ」と言えるんだね!
などほど!

次の場合は純系ではないんだ。

純系でない

自家受粉させていったら、種子の形が変わってしまったね。
(もしくは、しわの種子の中に丸い種子が混ざる)

このような場合は「純系ではない」ということなんだね!


ではまとめよう。

純系

何世代自家受粉しても、同じ形質を現すもの

丸い種子の純系  しわの種子の純系

これが「純系」
遺伝の基本なんだね!

そういうことだね!
続けて遺伝を学習したい人は②に進んでね!
では、またいつでも遊びに来てねー!

 


 

またねー