注目キーワード
  1. 原子
  2. 分子
  3. 化学式
  4. 練習問題

化学反応式の係数のつけ方が読むだけでわかる!

このページでは、化学反応式の係数のつけ方について詳しく説明するよ!
また、このページは【化学反応式の書き方】の5ページ目だよ!
化学反応式が書けるようになりたい人は、1ページ目から読んでみてね!
それでは係数の書き方の学習スタート☆

1.化学反応式と係数

① 化学反応式とは

それでは、「化学反応式」の書き方の学習を始めるよ。

ただその前に、「化学式」と「化学反応式」の違いをしっかりと確認しておこう。

「化学式」と「化学反応式」の区別がつかないと、この先の学習がわからなくなってしまうよ!

 


 

化学式」 → 物質を原子の記号と数字で表した式 のこと。

例① 水素分子の化学式は「H2

例② 水分子の化学式は「H2O」

例③ 鉄の化学式は「Fe」

という感じだね。

 

オイラはここまででしっかり学習した
から大丈夫☆
お、えらいね!「化学式」の学習がまだの人は、
【化学反応式の書き方①~④】を読んで学習するんだよ。
化学式をおぼえたい人は、下の練習問題から確認しておこうね。

化学式反応式」 → 化学式を使って、物質の変化を表す式 のこと。

例を書くね。今はなんとなくわかれば大丈夫だよ。

例①
炭素と酸素(分子)がくっついて、二酸化炭素になる化学反応式

C + O2 → CO2

 

例②
水素と酸素がくっついて、水になる化学反応式

2H2 + O2 → 2H2O

 

という感じ。

化学式に「+」や「」がついたら化学反応式になるんだね。

では、化学反応式の書き方を学習していこう!


② 係数

さて、まず始めに「係数(けいすう)」の説明をするよ。

あせらず、しっかり勉強してね。 難しくないよ!

 

さて、係数とは何のことかというと、

2H2 + O2 → 2H2O

などの化学反応式の

水の係数

かこった「」の部分 (大きい数字)のことだよ。

この化学反応式では、「H2」の前と、「H2O」の前にそれぞれあるね。

 

ふーん。化学式の前につく、
大きい数字のことを「係数
というんだね。
そういうこと!しっかり覚えてね。
そして、上の化学反応式で、O2の前には
係数が書いてないね。
これは、「係数が1のときは書かない。」
という決まりがあるからだよ。
数学でも「1x」や「1a」のときは
「1」は省略して「x」や「a」と書くよね。
それと同じだね。

 

それで先生。「係数」がつくと、
どんな意味があるの?
そう!係数の意味が一番大切だね。
モデル(図)で説明してみるよ。
まず、「水素分子」の化学式とモデルを書いてみるね。
水素分子の化学式 水素分子のモデル
H2
となるよね。H2 をモデルで書くと「  」になるってことだね。
じゃあ、さっきでてきた係数をつかって、
H2をモデルで書いてみるね。
H2をモデルで書くと「    」
になるんだよ。
水素分子がつ!?
そう。係数をつけると、「後ろの化学式がまるごと増える」んだね。
わかればとっても簡単。
H2は「     
H2は「       
H2は「     
だね!

 

水分子も例にあげてみるね。
「水分子」の化学式とモデルは

水分子の化学式 水分子のモデル
H2O 水分子
だよね。
H2O をモデルで書くと 「 水分子 」 だね。
だから、H2Oをモデルで書くと、
「 水分子 水分子 」 となるね。後は同じように
H2Oは  「 水分子 水分子 水分子  
H2Oは  「 水分子 水分子 水分子 水分子
H2Oは  「 水分子 水分子 水分子 水分子 水分子
となるんだよ。
もう一度繰り返すけど、係数がつくと、
後ろの化学式がまるまる増えるんだね!
これも繰り返して話すけど、数学のxとか、ab
とかのと、同じだね。

そして、数学と同じで「1」は省略するんだよね!

 


 

化学反応式の書き方は、次のページから勉強するけど、気になる人がいるかもしれないから
さっき出てきた化学反応式も、モデルで表しておくね。

参考にしてね!

水の係数モデル付き

こんな感じだよ。


③ おまけ。化学反応式の小さい数字は何だったっけ?

あれ?先生。「係数」はわかったけど、
アルファベットの右下にある小さい数字は何だったっけ?
右下の小さい数字、例えばO2の「」はその数字の前の原子が何個くっついているかだね。
(係数と同じように、1は書かないよ。)
O2  →  酸素分子
O3  →  オゾン分子
H2O →  水分子
Ag2O →   酸化銀1つ
Na2CO3 → tansannatoriumu
O  →  酸素原子  (1は書かない!)
という感じだね。しつこいけれど、とても大切だから係数もつけてもう少し例を書いておくよ。
O2  →  酸素分子
O3  →  オゾン分子 オゾン分子
H2O →  水分子 水分子 水分子
Ag2O →  酸化銀1つ 酸化銀1つ 酸化銀1つ 酸化銀1つ
Na2CO3 → tansannatoriumu tansannatoriumu tansannatoriumu tansannatoriumu tansannatoriumu
O → 酸素原子  酸素原子  酸素原子
という感じだね。

最後に、もう一つ小さい数字係数(大きい数字)で大きな違いがあるから。それも確認しておくね!
小さい数字は、数字を変えると性質が変わってしまう(別の物質になる)
係数(大きい数字)は、数字を変えても性質がかわらない
という違いがあるんだ。
どゆこと?
たとえば「O2酸素分子 は酸素分子だよね。
みんなが呼吸をするのに使う、あの酸素。
そして「O3オゾン分子 はオゾン分子。
こうなると酸素分子とはまったくの
別物になり、臭くて毒の分子になるんだよね。
だから、これまでに学習したように、小さい数字
変わるとまったく別の物質に変わるんだよね。
そっか。これまでのページで先生が
気を付けるように説明
してくれたもんね。

だけど、係数(大きい数字)が変わった場合はどうだろう
「O2」は 酸素分子 で酸素分子個。
O2」は 酸素分子 酸素分子 で酸素分子個。
O2」は 酸素分子 酸素分子 酸素分子 で酸素分子個。
だよね。
ねこ吉。どういうことか、わかるかな?
おお!オイラわかったぞ!
係数は何個ついても、
「酸素」のままなんだ!!
そういうこと。「O2」「O2」「O2」「100 O2
全部個数が違うだけで、同じ酸素なんだよ。
もう一度書いておくね。
小さい数字は、数字を変えると性質がか変わってしまう(別の物質になる)
係数(大きい数字)は、数字を変えても性質がかわらない
これはとても大切な考え方なんだ。

 


 

よーし。これでこのページの勉強はおしまいだよ。

どのページも同じだけど、何回も何回も読みにくる
んだよ。

 

それでは、次のページはいよいよ化学反応式の書き方だよ!

 

やっとやで。
めちゃ嬉しい!
俺もだよ。ここまで読んでくれたみんな。本当に
ありがとう。あと少しがんばろう☆


みんなにもこのページを紹介するには↓のボタンから☆
おすすめしてくれると嬉しいです!