注目キーワード
  1. 原子
  2. 分子
  3. 化学式
  4. 練習問題

化学式とは何かが読むだけでわかる!

このページでは
化学式とは何か
分子と化学式
分子をつくらない物質と化学式
について詳しく説明するよ!

そしてこのページは【化学反応式の書き方】の4ページ目だよ!
化学反応式が書けるようになりたい人は、1ページ目から読んでみてね!

それでは化学式の学習スタート☆

 


1.分子と化学式

①化学式とは

さて、ねこ吉。前のページを読んで、「分子」がどういうものか、わかってきたかな。

うん。大丈夫。
・原子がまとまりになると分子。
・くっつく原子や個数は決まっている。
・原子のくっつき方で、
 できた分子の性質が決まる。
こんな感じかな?

 

おお。すばらしいよ!ねこ吉。

それではこのページでは、分子から話を進めて

化学式」の学習をしていくよ。

おお!まってました。
化学式!
それではさっそく、「化学式」
がどんなものか説明していくよ。

化学式とは
化学式…物質のなりたちを、原子の記号と数字で表した式のこと。
うーん。わかるような、わからないような。
そうかもしれないね。じゃあさっそく、前のページで学習した分子のモデルを化学式で表していこう!
(「モデル」は図のことだったよね!)

②化学式の例

例① 水素分子のモデルと化学式

水素分子のモデル 水素分子の化学式
水素分子 H
こんな感じかな。
ほうほう。水素分子は水素原子が
2個
くっついているから「H」に「2」をつけるんだね。
そういうこと。ここでの注意事項を2つ書いておくね。
数字は必ず、原子を表す記号の右下に小さく書く。(数字が1のときは書かない)
読み方はアルファベット読み。(H→エイチ・ツー)
こんなところかな。難しくないよ。他にも例を出すから、どんどんおぼえよう!

例② 酸素分子のモデルと化学式

 

酸素分子のモデル 酸素分子の化学式
酸素分子 O
これが酸素分子のモデルと化学式。「オー・ツー」と読むよ。
水素と同じだね。

例③ 水分子のモデルと化学式

 

水分子のモデル 分子の化学式
水分子 HO
これが水分子のモデルと化学式。「エイチ・ツー・オー」と読むよ。
OHと書いてはいけないよ。Hから書いてね。

例④ 二酸化炭素分子のモデルと化学式

二酸化炭素分子のモデル 二酸化炭素分子の化学式
二酸化炭素分子 CO
これが二酸化炭素分子のモデルと化学式。「シー・オー・ツー」と読むよ

これもOC書いてはいけないよ。Cから書いてね。

例はこれくらいにしておくけど、化学式がどんなものかわかったかな?
もう一度、ポイントをまとめておくから、しっかりと理解してから先に進んでね。

化学式とは
化学式…物質のなりたちを、原子の記号と数字で表した式のこと。

化学式の注意事項2つ
数字は必ず、原子を表す記号の右下に小さく書く。(数字が1のときは書かない)
読み方はアルファベット読み。エイチ・ツー)

2.中学生に必要な分子の化学式

化学式がどんなものかわかったかな。

それでは、ここからが本番だよ。

中学生がおぼえなければいけない分子と、その化学式をまとめておくから、しっかりとおぼえるようにしてね!

 

原子の記号をおぼえたと
思ったら、
こんどは分子か…。
大変だね、だけど、これは英語でいうアルファベットくらい大切なんだよ。
ここまでたどりついたみんななら、絶対にできるから、
あきらめず何度も復習してがんばってね!それでは始めよう!

それじゃあ、中学生に大切な分子を確認していくよ。

 


最重要!!  中学生がおぼえる分子のモデルと化学式
水素分子 酸素分子 水分子 二酸化炭素分子 窒素分子 アンモニア分子
水素分子 酸素分子 水分子 二酸化炭素分子 窒素分子 アンモニア分子
H2 2 H2O CO2 N2 NH3
これが、中学生がおぼえるべき分子のモデルと化学式だよ。どれも気体だね。必ずしっかりとおぼえよう!
6個か…。これなら
なんとかなるかな…。

おいおい、ねこ吉君。「分子」としておぼえる化学式を書いただけで、

おぼえる化学式はまだまだあるよ☆

がびーん。

3. 分子をつくらない物質と化学式

分子をつくらない物質と化学式①

注意! 中学生以上の化学の知識をおもちの方へ
このサイトは化学反応式を苦手とする中学生へ向け、
イメージを重視して説明をしております。
特にこの単元においては詳細な分子の定義や、
オクタチオカンなど中学生に混乱を招く部分は割愛している
部分があります。何卒ご容赦ください。

さて、続きに進むよ。
この世界には「分子をつくらない物質
というものがあるんだ。
分子をつくらない物質?
そう。金属などがそれになるんだけど。
たとえば「鉄」を例に挙げてみよう。
例① 鉄と化学式
さてにゃん太郎。ここに鉄のかたまりがあったとします。
こんな感じ  鉄のかたまり
さて、このかたまりの中に鉄原子鉄原子はいくつあるでしょう?
ええ?数えられる??
アルミニウムでできている
1円玉には、アルミニウム原子が
いくつくらい何だっけ?
1円玉には、アルミニウム原子アルミニウム原子
約22000000000000000000000個かな?
じゃあこんな鉄のかたまり
鉄のかたまりに鉄原子がいくつかなんて
絶対数えきれないよ!!
その通りだよねこ吉!「数えきれない」が正解!

きっと鉄のかたまり鉄のかたまりをものすごく拡大(かくだい)
して見ると、→ 鉄の塊拡大(ずっとつながって続く…)
こんな感じになっているはずだよね。だけど、
鉄の原子が何個くっついているかなんて、数えきれない!
だから、鉄のかたまりを化学式で書く時には、「Fe」とだけ書けばいいんだよ。
Fe100000000000000000とか、
Fe700000000000000000000とか、
Feの後に数字は書かないでいいんだね!
このような物質を、「分子をつくらない物質
というんだ!
ほうほう。数えられないから
元素記号のあとに数字は
いらないんだね。
そうだね。それに、分子の場合はくっつく原子の
個数が変わると性質が変わるよね?
例えば
酸素分子酸素分子は呼吸に必要だけど、
オゾン分子オゾン分子になると、臭くて
毒になるんだよね。
だけど鉄原子鉄原子は、いくつくっついても大きな鉄になるだけで、性質はずっと、
鉄のままだよね。だから「ここからここまでが鉄分子」なんて言えないんだ。
分子とは違うんだね。

同じように、
銅のかたまりの化学式は「Cu」で数字はいらない。
銀のかたまりの化学式は「Ag」で数字はいらない。
という感じだよ。それじゃあ、下にまとめておくね。
重要!  分子をつくらない物質の化学式まとめ①
アルミニウム 炭素 硫黄
Fe Cu Ag Au Al C S
こんな感じだよ。
にゃるほどね。
本当はたくさん原子がくっついているけど、
数字は書かないでいいんだね。

分子をつくらない物質と化学式②

もう少しだけ続けるね。

さっきと同じように、分子をつくらない物質の話だよ。

ナトリウム原子ナトリウム原子と塩素原子塩素原子がくっついた、「塩化ナトリウム」っていう物質があるんだ。
これを例に話を進めるよ。

 

おお!知ってるぞ。
人間がおにぎりに使う
ものでしょ。
そう。塩化ナトリウムenkanatoriumuっていうのは、「食塩」のことだね。
(必ずおぼえておこう)
人間はこれをご飯にかけて食べたりしているよ。
少し不思議な感じだね。
さて、この塩化ナトリウムの化学式がどのようか、

説明するね。


例② 塩化ナトリウムと化学式
いつも僕たちが使う食塩(塩化ナトリウム)
は細かいものが多いけれど、食塩って
結晶はこのようになっているんだよ。→食塩の塊
!! これはもしや、
かたまり系…!!

おお、感が良いね!

実は食塩(塩化ナトリウム)もかたまりなんだ。

だから鉄と同じように、分子をつくらない物質

なんだね!

食塩(塩化ナトリウム)の結晶→食塩の塊
を拡大して見ると、こんな感じ!

塩化ナトリウム拡大→続いていく…

Na Cl Na Cl Na Cl Na Cl Na Cl Na Cl…
Cl Na Cl Na Cl Na Cl Na Cl Na Cl Na…

こんな風にずーーーっと続いているんだね。

おお、これも鉄と
同じようにとても
数えきれないね。
そうだね。だから塩化ナトリウムの化学式も、
数字は書かず、「NaCl」とだけ書けばいいんだよ!

1組だけを代表して書くんだね!


例② 酸化銀
そして、「酸化銀(酸化銀1つ)」という物質があるんだけれど、
酸化銀のかたまりを拡大した様子をイメージで書くとこんな感じ。
酸化銀のかたまり酸化銀のかたまり酸化銀のかたまり→続いていく…
Ag Ag O Ag Ag O Ag Ag O Ag Ag O
Ag Ag O Ag Ag O Ag Ag O Ag Ag O …
銀・銀・酸素  銀・銀・酸素  銀・銀・酸素とつながり、
銀・銀・酸素がたくさんあるというつくりに
なっているんだね。だから、酸化銀の化学式は
「AgO」と書くんだよ。
塩化ナトリウムと同じように、1組だけを代表して書くんだね!
↓ここのみ書けばよい!
Ag Ag O Ag Ag O Ag Ag O Ag Ag O
Ag Ag O Ag Ag O Ag Ag O Ag Ag O …
もちろんAgOは×だよ。銀が2、酸素が1だからね。
「どこに数字がつくか」まで絶対にしっかりおぼえるんだよ!
それじゃあ、まとめておくね。
重要!  分子をつくらない物質の化学式まとめ②
酸化銀 酸化銅 酸化マグネシウム
Ag2O CuO MgO
塩化ナトリウム 硫化(りゅうか)鉄 硫化(りゅうか)銅
NaCl FeS CuS
水酸化ナトリウム 炭酸水素ナトリウム 炭酸ナトリウム
NaOH NaHCO3 Na2CO3

 


 

 

さわにい先生…。
さすがにオイラ
限界です…。
だね笑。俺もさすがに今回は疲れたよ。
とりあえず、下に必要な化学式を問題形式でまとめたから、何度もチャレンジしてね!
ここを乗り越えれば、あとは楽だから☆
みんなお疲れ様。このページも必ず何回も読みにくるんだよ。

みんなにもこのページを紹介するには↓のボタンから☆
おすすめしてくれると嬉しいです!