注目キーワード
  1. 原子
  2. 分子
  3. 化学式
  4. 練習問題

原子と分子の違いが読むだけでわかる!

このページでは、分子についてや、原子と分子の違いを詳しく説明するよ。
そして、このページは、【化学反応式の書き方解説】の3ページ目でもあるんだ。
もし、化学反応式の書き方を1から勉強したければ、下のリンクを使ってね。


1.分子とは

①原子と分子の違い

さて、ここからは「分子」の勉強だよ。

 

「分子」? それって「原子」とはちがうの?
もちろんちがうよ。そして原子と分子のちがいはとっても大切なんだよ。
ゆっくり説明を読んで、しっかり理解しよう!
それでは分子の説明をするよ。
イメージで言うと、原子がくっついてまとまりになると、分子という。そんな感じかな。
え?それだけ!?
うん。そうだよ。例を図であげておくね。例えば…

例①
水素分子のできかた

例②

酸素分子のでき方

例③

水分子のでき方

例④
二酸化炭素分子のでき方

という感じかな。

原子1個1個がくっつくと、分子になるってことか。
そういうこと!ただそれだけじゃなく、
他にも分子には大事なポイントがあるから、

しっかりと確認してね。

 


【重要】分子のポイント

① 原子によって、くっつく原子の種類や個数が決まってる。

② 原子がどのようにくっつくか。で分子の性質が決まる。

ここが大事なポイントなんだ。それでは順番に説明していくね。

 


②原子によって、くっつく原子の種類や個数が決まってる。

まずポイント①から説明するよ。

① 原子によって、くっつく原子の種類や個数が決まってる。

 

ええっと…。どういう意味?

まずは「くっつく種類」についてだけど、

原子によって、仲が良い原子と、悪い原子と原子が決まっているんだ。

例えば水素原子→水素原子はいろんな原子と仲が良くて、

酸素原子→酸素原子

窒素原子→窒素原子

炭素原子→炭素原子

そして自分と同じ水素原子→水素原子

など。いろいろなものとくっついて分子をつくることができるんだ。

 


だけど水素原子にも仲が悪い原子がいて、ヘリウム原子→ヘリウム原子などとは分子をつくることはできないんだ。

 

こんな感じで、原子によって仲の良い原子(くっつける原子)や、仲の悪い原子(くっつかない原子)が決まっているんだね。

 

なるほど。くっつく種類に相性
があるんだね。わかったよ。
ポイント①の確認 原子によって、くっつく原子の種類や個数が決まってる。

 


じゃあ先生。
くっつく個数が決まって
いるっていうのは?
例えばこれは、水素原子だよね。 →  
そしてこれは、水素分子      →  水素分子
うん。わかるよ。

じゃあねこ吉。この2つは?

水素原子が3つくっついている。→
水素原子が4つくっついている。→
ええ?何これ?見たことないし…。

そうだよね。それもそのはず。水素原子が3つくっつくことや、4つくっつくことはありえないんだよ。

水素原子は2つでしか、くっつきたくないんだ。

ちなみに、水素原子1つで空気中を飛び回ることもないんだよ。

繰り返すけど、水素は1つでも、3,4、5でもなく、

いつも2つでくっついていたい
んだ。

これを「水素分子」というんだよ。

 

水素分子  →  水素分子  これ!

ふーん。ねえ先生。
1年生のとき実験で水素を
発生させたよね。
集めた水素をモデル(絵)で書くと、
どんな感じなの?

水素の袋

うーん。水素を袋につめたこんな絵を描くと、感じかな。
(ほんとは水素分子がもっとたくさんあるよ。)
水素原子はいつも2個でくっついていたいからね。
そして、中学1年生の時に学習した、
①うすい塩酸に亜鉛や鉄を加えると水素ができる
水素は燃えやすい
水素は燃えて水ができる
などの「水素」もすべて水素分子水素分子のことだよ。
(水素原子は燃えないんだよ。)

にゃるほど。わかったよ。
じゃあ、上の例2で
でてきた酸素原子の場合は?
ええとね。上の例2にあるように、酸素原子も2つでくっつくのが好きだから、
酸素分子←このようになって、酸素分子をつくっているよ。そして水素のときと同じように、
中学1年生で学習した、
①二酸化マンガンにうすい過酸化水素水を加えると酸素ができる
呼吸では酸素を吸う
酸素はものが燃えるのを助ける
④空気の約2割は酸素である
の「酸素」もすべて酸素分子酸素分子
のことだよ。

(酸素原子酸素原子は吸っても呼吸できないし、ものが燃えるのを助けないよ。)


OK。酸素も水素と同じで、
いつも2つでいたいんだね。
あ、ねこ吉。酸素はね。1つや4つ以上でくっつくのは嫌いなんだけど、
2つの他に3つでくっつくのも平気な原子なんだ。
どちらもOK! →  酸素分子  オゾン分子
そうなの?じゃあ3つくっついたら、なんて名前なの?

オゾン分子 → これはね。「オゾン分」というんだよ。

オゾン分子は中学ではあまり出てこないから、覚えないでいいけどね。

 

じゃあ紹介しなくてもいいんじゃない?
オゾン分子はたしかにテストにあまり出ないけど、
重要な考え方につながるから紹介したんだよ。
しっかりと説明を聞いてね。

③原子がどのようにくっつくか。で分子の性質が決まる。

まず、1年生で学習したように、
酸素(酸素分子)酸素分子 は
人間が呼吸をするときに使う大切なものだよね。
ところがこれにもう1つ酸素原子が
くっついたオゾン(オゾン分子)オゾン分子
臭いし、人間にとって毒になるものなんだ。
(太陽からの紫外線からは守ってくれるけど)
ええ?酸素原子が1つ増えた
だけで、急に臭くて毒に
なっちゃうの??
そうなんだよ。ねこ吉君。
分子は組み合わせがほんの少し変わる
だけで、性質がまったく変わってしまうんだよ。

それがポイント②のところだね。

ポイント② 原子がどのようにくっつくか。で分子の性質が決まる。

酸素とオゾン以外にも、例をあげて説明するね。
酸素分子←これは酸素分子。
生き物が呼吸をするのに必要な、
あの酸素。
水素分子←これは水素分子。
1年生で学習した。よく燃える
あの水素。
ではこれは? →水分子
なんだこれ。水素原子2個と、
酸素原子1個がミッキーみたい
にくっついてる。

 

ほんとだね。これ→水分子 は水分子っていうんだよ。

 

僕たちが毎日飲んでいる。あの水だよ。
僕たちはいつも、この水分子飲んでいるんだ。

(コップ一杯の水に水分子(水分子)が6000000000000000000000000個くらいかな?)


つまりこれも、くっつきかたで性質がまったく

変わってしまうんだね。

 

分子の説明まとめ
くっつきかたや、くっつく個数に好き嫌いがあったり、
それによって性質が変わってしまうのか。
分子っておもしろいね。
ほんとだね。

 

もう一度分子のポイントを確認しておくよ。

① 原子によって、くっつく原子の種類や個数が決まってる。

② 原子がどのようにくっつくか。で分子の性質が決まる。
だね。少し難しいから、このページ何回も読んで、
しっかりと理解しようね。

まあ、人間もくっつきたい人、くっつきたくない人がいるし
くっつくメンバーで特徴も変わるもんね。

人間と原子は意外と似てるかもね。ねこ吉。

 

オイラはねこなんですけど…。
あ、そうなの!?
逆になんだと思ってたんだ。
ねこのコスプレしたおっさんでしょ!?
…。

みんなにもこのページを紹介するには↓のボタンから☆
おすすめしてくれると嬉しいです!