注目キーワード
  1. 原子
  2. 分子
  3. 化学式
  4. 練習問題

ルーペの使い方(中学生向け)

このページでは

ルーペとは何か

ルーペの使い方

を詳しく解説していきます!

テストによく出る
「ルーペの動かし方」もこのページでばっちりだよ☆

(3分で読めるよ☆)

 


みなさんこんにちは!

このサイトを運営する「さわにい」といいます。

中学理科教育の専門家で、インターネット上でも、中学生に役立つ理科サイトをつくっています。

ぜひ学習の参考にしてね☆

 

目次から好きなところへ飛ぼう☆


1. ルーペとは

 

先生!ルーペとは何ですか?

ルーペは「拡大鏡(かくだいきょう)」とも言って、わかりやすく言うと虫眼鏡かな

「ルーペ」って言葉はドイツ語だからね。

中学理科で使うルーペは、「凸(とつ)レンズ」といって、中央がふくらんだレンズを使っているよ。

凸レンズ

凸レンズ-1


中学校で使うルーペは、下のようなものが多いかな?

ルーペの種類

ルーペとは虫眼鏡のことで、拡大して物を見る道具のことなんだね!

2. ルーペの使い方

ルーペには正しい使い方(動かし方)があるんだ。

テストにもよく出るからしっかりと覚えよう☆


① 観察するものが動かせるとき

観察するものが動かせるときのルーペの使い方は

1 ルーペを目に近づけて持つ

2 観察するものを動かす

という手順で、よく見える位置を探すよ

物体が動かせるときのルーペの使い方


② 観察するものが動かせないとき

観察するものが動かせないときのルーペの使い方は

1 ルーペを目に近づけて持つ

2 顔(頭)を動かす

という手順で、よく見える位置を探すよ

物体が動かせないときのルーペの使い方

見たいものが動かせないなら、顔を動かすしかないね。
うん。そういうことだね。

 ③ ルーペの使い方のまとめ

ルーペは必ず「目に近づけてもつ」よ!

そして

物体が動かせるなら物体を動かし、

物体が動かせないなら顔を動かすんだ。

正しく使って、テストで出たら必ず正解しよう☆

物体が動かせるときのルーペの使い方   物体が動かせないときのルーペの使い方


3. ルーペでできること

おまけだよ。

ルーペは凸レンズだから

凸レンズ-1

拡大して見る以外にも、使い道があるんだよ☆

授業中に知っておくと自慢できるかも☆笑


① 近くのものを大きく見る

凸レンズのはたらき①

いま説明したものだね。

この大きく見える像を

「虚像(きょぞう)」というんだ!


② 遠くのものをさかさまに見る

凸レンズのはたらき②

遠くのものはさかさまに見えるよ!

おもしろっ!

③ 光の像を凸レンズの逆側に映すことができる

凸レンズのはたらき③

この写真では蛍光灯を写してるよ。

この像を「実像(じつぞう)」というよ!

少しわかりにくいから、動画ものせるね!

ルーペ(凸レンズ)すごいっ!!

これで、

「ルーペとは何か」の説明

「ルーペの使い方」の解説

「ルーペでできること」のおまけ

を終わるよ!

理科の授業も勉強も、楽しんでね☆

みんなまたねー!

このサイトでは、

理科の苦手解決のために、さまざまな単元の解説をしています。

トップページから解説を読みたい単元を探してみてね☆


顕微鏡の使い方や、各部分の名前は下のボタンから学習できるよ☆


みんなにもこのページを紹介するには↓のボタンから☆
おすすめしてくれると嬉しいです!