注目キーワード
  1. 原子
  2. 分子
  3. 化学式
  4. 練習問題

理科のスケッチの仕方(中学生向け)

このページでは、理科のスケッチの仕方とルールを解説するよ。

(2分で読むことができるよ☆)

 

オイラ、スケッチは苦手で…。
「理科のスケッチ」は絵が上手なことより、
ルールを守って書くことが大切なんだよ!
このページを読めば2分でバッチリだよ☆

 

みなさんこんにちは!

このサイトを運営する「さわにい」といいます。

中学理科教育の専門家で、インターネット上でも、中学生に役立つ理科サイトをつくっています。

ぜひ学習の参考にしてね☆

 


1. スケッチの仕方(中学理科)

 

では、理科でのスケッチの仕方をまとめるね!

1 よく削った細い鉛筆を使い、細い線で書く

2 線を重ね書きしたり、影をつけたりしない

3 背景(観察する物以外)は書かない

4 色はつけない

5 言葉を書いてもよい

スケッチの良い例   スケッチの悪い例

となるよ。

 


2. スケッチの仕方の詳しい説明

 

スケッチの仕方は、上の5つを覚えておけば、中学生はOKだよ。

もう少し詳しく知りたい人は、下も読んでみてね!

 


1 よく削った細い鉛筆を使い、細い線で書く

理科のスケッチは、細い鉛筆で細い線を、はっきりと見やすく書くことが大切だよ。

2Hくらいの硬めの鉛筆が一番いいんだ。

先生の指示が無ければわざわざ買わないでいいけどね☆

1本1本の線をていねいに書いてね!


2 線を重ね書きしたり、影をつけたりしない

理科のスケッチは、影を付けないことが特徴なんだ。

「実際に存在しない線は書かない」ことが大切だよ。

黒く見えてもぬりつぶす必要はないよ。

もし、濃淡を書きたければ、点で書き、斜線(斜めの線)は引かないようにしよう。

細い鉛筆を使う


3 背景(観察する物以外)は書かない

「葉を書こう」と決めたら葉だけを書けばOKなんだ。

その後ろに背景が見えても、書かないで大丈夫だよ☆


4 色はつけない

色はつけずに、鉛筆のみで白黒で書けばOKだよ!

白黒ってところがかっこいいね☆

5 言葉を書いてもよい

スケッチで書き表せない所は、言葉をで表現してもOKだよ。

見た人が良くわかるように、説明を加えよう!

だけど、あまりにも言葉が多くなる場合は、別の紙にメモをとるといいよ!


スケッチの良い例スケッチの悪い例


3. まとめ

これでスケッチの書き方の解説を終わるよ。

1 よく削った細い鉛筆を使い、細い線で書く

2 線を重ね書きしたり、影をつけたりしない

3 背景(観察する物以外)は書かない

4 色はつけない

5 言葉を書いてもよい


をしっかりと覚ええおいてね!

理科の授業も勉強も、楽しんでください☆

みんなまたねー!

このサイトでは、

理科の苦手解決のために、さまざまな単元の解説をしています。

トップページから解説を読みたい単元を探してみてね☆

 


顕微鏡の使い方や、各部分の名前は下のボタンから学習できるよ☆

 


ルーペの使い方は次のページから

みんなにもこのページを紹介するには↓のボタンから☆
おすすめしてくれると嬉しいです!