サクラの花のつくりを解説!

サクラの花のつくり

の中学生向け解説ページです。

「サクラの花のつくり」

は中学1年生の生物で学習します。

 

①サクラの花のつくりを知りたい

②花のつくりの画像を見たい

③めしべやおしべの数のを知りたい

④サクラの花の分類を学びたい

人はこのページを読めばバッチリだよ!

 

サクラの花、詳しく見たこと無い!

そうだよね。写真も使ってしっかりと学習していこう!

 


みなさんこんにちは!

さわにい」といいます。

中学理科教育の専門家です。

このサイトは理科の学習の参考に使ってね☆

ではサクラの花の学習スタート!

(目次から好きなところに飛べるよ)

1.サクラの花の4つの部分

ではサクラの花の学習を始めよう!
がんばるぞ!
これがサクラの1つの花だよ。
①正面
正面から見たサクラの花
②横から
横から見たサクラの花
③後ろから
後ろから見たサクラの花
やっぱりきれいだね。
うん。
花は中心から
①めしべ
②おしべ
花弁かべん(花びらのこと)
④がく
という4つの部分からつくられているよ。
では、1つ1つ丁寧ていねいに見ていこう

①めしべ

これがめしべだね。
サクラのめしべ1
サクラのめしべ2
めしべは1つの花に1つだけあるんだよ。
これは、どの花も同じだね。
そしてめしべのそれぞれの部分には、名前がついているよ。
サクラのめしべの詳細
サクラのめしべ詳細イラスト
★柱頭
めしべの先を「柱頭

というよ。

ここに花粉がつくことを「受粉」というよ。

花柱かちゅう
柱頭と子房の間を、「花柱」というよ。
あまりテストにはでないから、中学生は無理に覚えないでいいよ!

★子房と胚珠
サクラのめしべ詳細イラスト
めしべの下のふくらんだ部分を「子房しぼう
子房の中にあるものを「胚珠はいしゅ
というよ。
受粉後には、子房が果実に成長するよ!
サクラの果実
さくらんぼみたい!
うん!
「サクラ」は見て楽しむ種類
「さくらんぼ」は食べる種類
で兄弟みたいなものだからね。
それはともかく、「子房」が受粉後に「果実」となることを必ず覚えておこう!
「胚珠」はどうなるの?
サクラのめしべ詳細イラスト
良い質問だね!
「胚珠」は受粉後に「種子(種のこと)」になるよ!
受粉すると
子房は果実に成長
胚珠は種子に成長
中学生はこれを必ず覚えておこう!
サクラのめしべの受粉後

②おしべ

これがおしべだね。
サクラのおしべ1
サクラのおしべ2
先の黄色いふくろは、「やく」といって、花粉が入っている袋だよ。

★サクラのおしべの数は?

サクラのおしべは1つの花に何個あるの?
サクラのおしべは、花によって違いがあるよ。
だいたい、20~40くらいかな?
かなり多いね!

③花弁

次は花弁かべんだね。
花弁」とは「花びら」のことだよ!
サクラの花弁
サクラの花弁は5枚だね。
このきれいな花弁で、虫を呼んで花粉を運んでもらうんだよ!
そのような花を、虫媒花ちゅうばいかというんだよ

④がく

最後は「がく」だよ。

サクラのがくも5枚で、花弁と同じ数だよ。

サクラのがく

「がく」は花弁や花全体を支えるはたらき
があるんだ!
地味じみだけど大切なんだね!
これでサクラの花の4つの部分の話を終わるね。
それぞれの部分の名前と役割をしっかりと覚えようね!

2.サクラの分類

中学1年生は、植物の最後に学習するところだから、
まだ授業で習っていない人は、無理に覚えないでいいよ!
もちろん授業で習った人や、2.3年生はしっかりと確認してね!
植物の分類【アブラナ】
①まずサクラは「種子植物」に分類されるよ!
「種子植物」とは種子で仲間を増やす植物のことだね。
サクラは種子をつくっていたね。

植物の分類【アブラナ】
②次にサクラは「被子植物」に分類されるんだ。
「被子植物」とは胚珠が子房につつまれている植物のことだね。
サクラの胚珠は子房につつまれていたね。
サクラのめしべの受粉後

植物の分類【アブラナ】
③次にサクラは「双子葉類」に分類されるよ。
「双子葉類」は子葉が2枚の植物のことだね。
サクラは子葉が2枚なんだね。

植物の分類【アブラナ】
④最後サクラは「離弁花類」に分類されるよ。
「離弁花類」は花弁が1枚1枚離れている植物のことだね。
サクラはの花弁は離れていたね。
サクラの分解写真
上はサクラの分解写真。(おしべは数を省略しょうりゃく)

この分類表も、しっかりと覚えておこうね!
これでサクラの花のつくりの解説を終わるよ。

またいつでも見に来てね!

ではみんな、またねー。


他の解説ページは下から!

☆被子植物のまとめはここから

 


 

またねー